さようならDIET

ストレスフリー!自由な大人のBODYマネジメント

【実録】腹筋を割る。【さようならダイエット】40代で欲張ったその結果

手ごわいが、成果はでます

「うちの家系はお腹が出てるのよ」と母から言われて育った私。大食漢で、食べる割には太ってないね、と言われるちょい太人生でした。

さて、40代半ばになって、いよいよお腹周りがレッドゾーンに突入。本能的に、このままでは引き返せなくなるという焦りが。

そんな中、ジム通いが習慣になってきたことをいいことに、「トライアスロン」にチャレンジしてみようかな(生涯スポーツとして非常にバランスがよい)。「トライアスロン」を完走するためには「フルマラソン」を4時間台で走れる体力が必要。それなら、まずは「フルマラソン」に挑戦かな。そんなふうにどんどん調子にのって、「腹筋割りに挑戦しようかな」と、なりました。

40代、いろいろ溜めこんだお腹を凹ませるのもたいへんなのに、割るのは本当に手ごわい。それでも、割れてきましたよー! もう一歩、シャープさには欠けるので磨き中です。

先にお伝えしておきます。みなさん、わたしほど苦労はしないはず。「40代になっても腹筋は割れるんだ」と、インプットしていただければ大丈夫です!下記、理由。

◆私は、赤ワインを1日1本ペースで愛好。若い頃は2本でしたので、減っています。ワインは大丈夫! というのではなく、私のこだわりポイントはこれ、というご紹介です。このおかげで、たぶん、ふつうの方の倍のトレーニングが必要なのかと…

◆私は消化酵素が非常に強い。学生時代に計測した「アミラーゼ」(炭水化物を分解する)の濃度は、クラスでいちばん薄い子に比べて50倍超。その濃さはトップクラスでした。つまり、驚異的に食べることができ、さらに消化できてしまう。特に炭水化物は注意しないと、すぐにカラダが重くなってしまう体質です。これも、ふつうの方に比べ、トレーニングだけではBODYマネジメントしづらい点なのだと思われます。ただし、逆に筋量をあげる方向は得意。高たんぱく食にしてトレーニングすれば、筋肉を大きくできます(イコール、体脂肪を下げられます)。きっと、その方向にいきたい女性はあまりいませんよね(^^;)  私は鏡で自分の筋肉を見て、うっとりしていますけど、笑。

発見。「腹筋トレ」はいろいろあるけど、まずは姿勢でした

 

「うちの家系はお腹が出てるのよ」というその真実は、姿勢のクセではないか、と思っています。骨盤が後ろに倒れ、お腹を突き出すような姿勢になってしまっている。

f:id:TheHfamily:20190322115434p:plain

正しい姿勢をカラダに覚えさせ、お腹を凹まして上半身を引き上げるような姿勢を保てば、間違えなく、お腹が出ません。

私も長い長い倦怠期(腹筋トレーニングをやってもやっても効果を感じられない)の時、ここに気づき、姿勢を改善。服を着ていれば「お腹が出ていない人」に見えるレベルになりました。

理屈は知っていました。ただ、実際にやってみた気づき。この姿勢をキープするために、そもそもある程度の腹筋力が必要だったのです。腹筋を鍛えたからこそ、姿勢がキープできるようになった、というのが真実でした。

「ピッタリしたラインの服を着て、1日中お腹を凹ませるように意識する」は、効果ありますよ。私はそれで、腹筋の筋肉痛になりましたから、笑。

なんども書いているのですが、お腹を出さないためにも、膝・腰・首を痛めないためにも、「正しい姿勢を覚える」のはほんとーーーに、大事です。ぜひ、併せてご参照ください。 

www.dreams-hack.com

 

【実録】40代後半スタートでがんばっている真実

私の「腹筋」NOW

1.立っっていれば、「お腹が出ていない人」。平らです。ぴったりした薄着をすれば、腹筋、透けてます! 座るとじゃっかん「はみ肉」(ジーンズの上などに脂肪がはみ出す)します。
2.「はみ肉」の量は減少。濃い色の服ならごまかせます。
3.「プランク」などで四つん這いになった時。超リアルに皮下脂肪量が可視化されるわけですが、これも明らかに減少。ペタンコではありません。イケメンには見られたくない。

f:id:TheHfamily:20180412140904j:plain

「ワークアウト(筋トレやエクササイズ)」は必ず結果が出ます

ワークアウト開始前は身長154cm/体重50kg/体脂肪25%前後。

ワークアウトを始めて、4年。ベストコンディションは体重46kgを切るくらいで、体脂肪14%前後。(年明けに怪我をしてしまい、走量が落ちて現在47kg、体脂肪17%前後。戻しにかかっているところです!)

最初はランまで含めて、公共のジムでトータル1時間超程度、週に1回。公共ジムではたいてい、ランニングマシーンは20分が制限時間です。20分でも、走り終わるとめまいがしていました。週1、これだけでも確実にカラダは変わっていきましたよ。

決して頑張ることはなく、「気持ちいい」範囲でワークアウトを積み重ねてきました。

そのうち、ジムに行かないと気持ち悪いようになり、公共ジムからいわゆるジムに行くようになり、時間も強度も長く、強くなり…。「腹筋を割る」と決めてからは、一時毎朝、10~20分の腹筋タイムを実践していました。
※息子が中学生になったらいろいろと優先順位が入れ替わり、現在は週末にまとめて。
相変わらず週末中心ですが、筋トレ3時間、ラン30km、時間があれば1~2km泳ぎ、バイク(自転車)に乗る時間がないのが、悩みになるまでに。(一応、フルタイムの管理職、ワンオペ子育て中。夫はいますが。)
 今はフルマラソンを4時間以内で走って体力をキープしつつ、生涯トライアスリートトライアスロン競技者)をめざしてます。
※しかし、エンデュランス(持久系)スポーツのトレーニングは時間がかかる…大人はいろいろと忙しいので、油断すると、すぐトレーニングの時間がなくなってしまいます(涙)
私は「赤ワイン愛好」にこだわるから、こんなことになっていますが、もともとそんなにお腹が出ているわけではなく、最近出てきたから何かしようとしている方や、いわゆる普通の方なら、ここまでしなくても結果がでるはずです、絶対。
 
 

f:id:TheHfamily:20190322163128p:plain

「腹筋を割る」。強敵は「皮下脂肪」、今も「腹筋磨き」継続中!

大人になってから腹筋を割ろうとすると、「皮下脂肪」という強敵が。「内臓脂肪」は、わりとすぐ燃えるんですよね。4年間、皮下脂肪を燃やし続けて、ここまできました(涙)。でも、朗報。「皮下脂肪はなくならないのではないか」とまで思ったほどなのに、明らかに減っているのですから!

 
腹筋はそもそもがシックスパックなので、皮下脂肪がのっていなければ、みなシックスパックに割れているそうです。つまり、皮下脂肪を落とさない限り「腱画」は現れてこないわけですね(^^;) 下は、お腹の輪切りのイラストです。切って上からみています。
ãç®ä¸èèªãè¹é¨ã ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
 

筋トレするなら、まず腹筋。圧倒的に疲れにくくなります

もともとは、見た目の「欲」から取り組んだ「腹筋割り」。ところが、こだわってトレーニングしてみると、いいことがたくさんありました。
◆姿勢が保てる、お腹を凹ませておける
◆頭も重さを腹筋が支えるので、立っていても全然疲れない(電車でも一切座らなくなりました)
◆走るときも腹筋で支えて走れるので、今や思うほど練習ができなくてもマラソンタイムは3時間台でキープ
◆歩くときも、走るときも腹筋を使うので、相乗効果で腹筋力アップ
ガツっとお腹でカラダを支えることができるので、圧倒的に疲れにくくなります。家事も日常生活も、本当に疲れにくい。
腹筋はこんなに大事だったのだと、日々実感しています。
↓↓↓私じゃない。こんなふうになりたい! 赤ワイン愛好しながら(*^^*) 

f:id:TheHfamily:20190322163425p:plain

 

 

併せてやりたい、「燃焼習慣」化

走らないとダメ?? おすすめは「早歩き」です

私は、走ることを「好き」になりました。性に合っていたのですね。
続ける秘訣は「気持ちいい」を重ねることですので、「やらなければ」と思うことは続きません。そこでどなたにでもおすすめなのは、「早歩き」。
例えばウォーキングなども、「わざわざ時間をとる」ということは、できる人とできない人がいます。でも、日常的に『歩くシーン』は必ずあると思います。
そこを「早歩き」にするだけで、少なくとも今よりは『燃やす』ことができると思います。階段を上がる(まずは下りるだけでもOK!)習慣にすると、脚に筋力がついてくるので、歩くのも楽になってきます。しかも、脚(太もも)は人体最大の筋肉ですから、燃焼効率もアップ迷ってはだめですよ。考えてはだめですよ。「今日は時間がないから」とか、「調子よくないから」とか、「明日から」とか。エスカレーターやエレベータはこの世にないと思い込み、なにも考えずに階段へ突進します。
アップルウォッチとか、とっても心の支えになるようです。同じオフィスのオジサマが、アップルウォッチの活動量を100%にすることに夢中になっているうちに、10kg減量していました。もとのカラダが大きい方だからなんですけどね、笑。
 

f:id:TheHfamily:20181231142006p:plain

まとめ 

40代を過ぎて、腹筋は割れるのか。
割れます。ただ、年齢とともに皮膚がたるんでくるので、腹筋を割ったからといって、若い子のようにお腹を出しては歩けないかなぁ(ご迷惑ですね)。外国の方のように、いつまでもかっこよくビキニを着れるとカッコイイんですけどね。
◆40代過ぎてからでも、「腹筋」は割れる。ただし、ちょっと忍耐力が必要
◆「腹筋」は割れなくても、鍛えると姿勢が保てる、日常生活が楽になるなど、いいことがいっぱい
◆「皮下脂肪」は手ごわいので、カラダを燃やす習慣は身につけたい。おすすめは「早歩き」
少なくとも、お腹を出さない方法を、まとめています。ぜひご参照ください。姿勢キープにも役立ちます。  

www.dreams-hack.com

「ランニングシューズ」を普段使いすると、地面を蹴れるので歩くスピードもアップします。「素足」をめざしたランニングシューズ「ナイキ フリーラン」の日常使いが超気に入っています。足裏が解放され、本当に気持ちいい。素足のごとく、ストレスフリーです。通販で購入するなら、いつものシューズより+0.5cmだとあうと思います。私は2種持っていますが、両方とも+0.5cmでちょうどいい!

 
ただし、オーバープロネーション(着地のとき、かかとが内側に倒れこむ)、サピネーション(逆に外側に倒れこむ)、偏平足などは、歩けば歩くほど、膝へ、腰へと負担をかけることになります。「フリーラン」にはそのサポートがないので、一度スポーツショップなどで選んでもらうのが理想です。
↓↓↓足裏アーチトレーニングの目的も兼ねています。 

 

さようならダイエット! 美味しく食べて、いつまでも快適・快調、若々しいカラダをめざします。

f:id:TheHfamily:20190317160449p:plain