さようならDIET

ストレスフリー!自由な大人のBODYマネジメント

【お腹を凹ませる方法】毎日1分。効果テキメン、いいこといっぱい!

お腹を凹ませると、いいこといっぱい!

見た目の「メタボ感」(審美的難、中年感)、実際の「メタボ」(生活習慣病リスク高)はもちろん気になるところですが、お腹が凹むと「膝」「腰」「首」のトラブルリスクも減り、さらに『腹筋』言う天然のコルセットまでGETできれば、それはそれは、疲れにくいカラダになります。座っているよりも立っている方が楽、家事も楽々! というくらいになります。

二足歩行を支えるのは、「体幹です。「体幹」でもって「頭の重さ」を支えないと、膝、腰、首に負担をかけて、トラブルが。体幹」が強いほど、スポーツだけではなく、日常生活も楽々になり、カラダも傷まないのです。

体幹」の要が、お腹まわりです。ここが弱くてお腹が前に出てしまうと、頭の重みは腰にかかります。するといつぞや腰が傷み、それをフォローしようと膝が、首が、と連鎖的に傷みます。膝からくるケースも、首からくるケースもありますが、これらは連動していくので、やっかいです。

ですからお腹を凹ませる、体幹を強くすると、見た目だけでなく、いいことがいっぱい! スタ ルのよさは、機能美なのですね(*^^*)

ããè¹  ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

まずやるべきは、姿勢の矯正

内臓脂肪、皮下脂肪…「お腹を膨らませているもの」はいろいろとあり、それを減らそうと頑張るわけですが、まずは『姿勢』の矯正が効きます。

下のイラストは、骨盤です。長年の姿勢の癖で、骨盤が前や後ろに倒れていたり、左や右にねじれていたり。誰にでも、多少なりの歪みはあるものです。

お腹ぽっこり、という点では「後傾」が疑わしい。この骨盤をまっすぐにすると、お腹が前に突き出したような見え方にはなりません。

まずはこれ! 姿勢は癖です。長年身につけてきたものなので、すぐに矯正できませんが、毎日30秒もかからない、壁を背にして立つだけの簡単な姿勢チェックがあります。下記添付の記事で「姿勢チェック」を習慣にしてみてください。カラダに覚えさせるつもりで、毎日壁を背に、立ってみてくださいね、絶対に改善します!

簡単にさわりだけ。お腹を引っ込めて、グッとカラダを上に引き上げ、骨盤を立てるイメージなのですが、つまり、キモはお腹を引っ込める習慣なのです。

f:id:TheHfamily:20190821192328p:plain
www.dreams-hack.com

姿勢を保つために筋力をつけていく、という発想

お腹を凹ませるだけのダイエット、など、流行りましたよね。真実なのですが、実は「凹ませるだけ」がなかなか、できません。お腹を凹ませておける筋力がないからです。けっこうな腹筋力が必要なんです、お腹を凹ませるには。

そこで、一つだけ、エクササイズをお勧めします。プランクと言われるエクササイズです。これも、毎日30秒でOKです。もちろん、それ以上でもOKですが、30秒以上できるようになったら、けっこうな腹筋力になっています。

お腹を凹ませるプランは、結論、毎日合計1分です!

f:id:TheHfamily:20190823201327p:plain

お腹を凹ませる「プランク」のやり方

基本のプランクは、下の画像のようなエクササイズです。わりとよく見かけますよね?

コツは、スタートにあります。肩の真下に両肘をつき、お腹はまだ床についた状態から、お腹を凹ませながらゆっくりカラダを持ち上げていきます。腹筋を収縮させてカラダを持ち上げるイメージです。そして、お尻が上がらず、背中から足先まで、まっすぐ。鏡や、シルエットが映るガラスなどで確認しながらできると理想的です。パートナーにポールなどを背中からお尻の上に乗せてもらう、まっすぐになるように修正してもらえるとよいですね。(お尻がポコっと上がりやすいです)

カラダが持ち上がったときには、お腹が凹まされている状態です。この腹筋のチカラで「プランク」の姿勢を保ち、30秒。腹筋力で成り立たせる姿勢なんですよ、これ! だから、腕がプルプル震えちゃダメなんです。腹筋、カラダ全体がプルプル震えちゃうはず。腹筋以外は、むしろリラックスしているのが正しい状態です。(腹筋がプルプルにならなければ、腹筋の収縮が甘いかも!)お腹を凹ませる「腹筋力」が鍛えられます

ããã©ã³ã¯  ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

常にお腹を凹ませ、早歩きをする

あとは、日常で常にお腹を凹ませるように意識する。正確には、「正しい姿勢を保つように心がける」、ですね。

そして、極力、早歩きをする。脂肪を燃やすため! もちろん、ウォーキングやランニングでもOKですが、それをしている方は、あまりお腹を気にしていないような‥?? 時間がない方も多いですよね。いつもの歩きを早歩きにするだけで、効果抜群です。

荷物を軽くして、可能ならランニングシューズに履き替えると、ランニングシューズにはグリップが効いているので、地面を強く蹴れて、早く歩けます。早歩きが気持ちよくなったら、走ってしまっては?? 笑。スポーツショップでランニングシューズを選ぶと、オーバープロネーション(着地のとき、踵が内側に倒れこむ)、サピネーション(外側に倒れこむ)、偏平足など、膝腰のトラブルの要因になる着地の癖を矯正してくれるタイプのものを薦めてもらえるので、より、トラブル対策に有効です。最近はファッショナブルなタイプのもの多いですしね(*^^*)

カラダが軽いって、本当に快適です。カラダも人生も? 身軽がいいですよね♪

 

さようならダイエット! 美味しく食べて、いつまでも太らない・快適・快調、若々しいカラダをめざします。他にもいろいろまとめています、ぜひ遊びにきてください♪ 

www.dreams-hack.com

f:id:TheHfamily:20190317160449p:plain