さようならDIET

ストレスフリー!自由な大人のBODYマネジメント

『きゅうり』栄養学&【さようならダイエット】定番入りレシピ選

『きゅうり』雑学&栄養学

原産地はインドのヒマラヤ! 栽培の歴史は3000年も前にさかのぼるのだそうです。日本には6世紀後半に中国から伝えられ、本格的に栽培されるようになったのは江戸時代から。語源は「黄瓜(きうり)」で、ふだん食べている緑色のものは、黄色く熟れる前の未過熟果なのだそう。

「夏秋きゅうり」と「冬春きゅうり」があるようで、前者の産地は「宮崎県」「群馬県」「埼玉県」、後者は「福島県」「群馬県」「岩手県」が主な栽培地。

夏以外は(価格が)高いし、はりはりしていないし、どうもコスパ悪く感じてあまり食べない(寒い時期の食べすぎはカラダも冷やしますしね)のですが、夏はもう、1年分を取り戻すかのように絶対冷蔵庫にあります。

「世界一栄養のない野菜」として、ギネス認定されているそうですがw、熱中症対策の天然サプリメント! 少なくとも夏のカラダには必須。3000年前から、経験的に知られていたんですよね、きっと。

 

◎95%が水分。「ミネラル」「ビタミンC」も補え、熱中症予防に最適

>>カラダにこもった熱を汗とともに排出させます。

◎数種類のビタミン・ミネラルが含まれ、特に多いのが「カリウム

>>体内の余分なナトリウム排泄を促し、高血圧改善、むくみ対策の働きをする、デトックス作用があります。

アミノ酸の一種の「シトルリン」が多い

>>血管拡張作用があり、血流をよくしたり、血管を元気に保ったり、疲労回復や運動能力を高める作用、抗酸化作用など、さまざまな効果が期待されています。

◎ぬかみそ漬けにすると、「ビタミンB1」が約8.7倍、「ビタミンK」や「カリウム」が約3倍、「ビタミンC」は1.5倍に増える。さらに、ぬかの「乳酸菌」も一緒に摂れ、腸内環境を整える効果もプラス

>>「ビタミンB1」は疲労回復効果、「ビタミンK」は止血効果やカルシウムの骨の沈着を助ける効果があります。

◎青臭さのもとは「ピラジン」という成分

>>血液サラサラ効果があります。

◎「酢」と一緒に食べると「ビタミンC」が守られる

>>きゅうりには「ビタミンC」を壊すアスコルビナーゼという酵素が含まれていますが、酸がこの働きを抑えます。サラダやあえ物などでは「酢」を使うのがオススメ。

f:id:TheHfamily:20190608100947p:plain

『きゅうり』取説

◎7月~10月は「夏秋きゅうり」、11月~6月は「冬春きゅうり」

>>「冬春きゅうり」は主にハウスで栽培されています。

◎触ると痛いほどいぼがとがっていると新鮮(*)で、両端がしっかりしているものが良質。太さが一定のものがおいしく、曲がっているかどうかは気にしなくてOK。先端の切り口が黒ずんでいないものがよい。

>>(*)「フリーダム」という品種など、イボがないつるつるした品種もあります。

◎ビニール袋に入れ(新聞紙でくるんで入れると尚よし)、野菜室に立てて保存で2~3日

>>寒さと乾燥に弱いです。

◎「板ずり」(*)すると、いぼが取れて口当たりがよく、味もしみやすく、色もきれいになり、えぐみ(ギ酸)もとれる。または、キュウリの先端を切ってこすり合わせても、あくがとれる

>>(*)軽く塩をふり、まな板の上で押しながら転がします。

最近はあんまり、青臭さもえぐみも感じないですけどね(^・^)

f:id:TheHfamily:20190608101251p:plain

『きゅうり』レシピ 9

*「STOCK」は「保存」を意味しています。

*「/」は、「または」を意味しています。

副菜 きゅうりの鮮度を楽しむ

鮮度がある「きゅうり」は、あえ物くらいまでがフレッシュならではの味が楽しめるかな~、と個人的に感じてます。「カリウム」や「ビタミンC」も水溶性で、「きゅうり」の水分にこそ! 価値がありますからねw。でも、そればっかりでも飽きるので?? (私は飽きませんけど!)、「きゅうりの鮮度を楽しむ」バージョンと、「味の鮮度を楽しむ」バージョンに分けてみました!

「スティック きゅうり」

(和風/洋風/酒肴)

ツヤツヤ、ハリハリした美味しそうな「きゅうり」は、もうそのままが一番、美味しいですよね!

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(好きなだけ)>>スティックに。板ずりや、小さじ1くらいの粗塩を手にとってまんべんなくこすりつけるようにして洗って水気を拭けば、それだけで適度な塩味がついてそのままかじれちゃう(^.^)

◎ディップ

>>マヨネーズにいろいろ入れるディップも、もちろんたまにはよいですが、家庭料理ではマヨネーズより味噌などがいいですかねー、「もろみ」ももちろん、赤味噌とか!

≪仕上げ≫

お好きなディップでどうぞ!、完!

f:id:TheHfamily:20190610192521p:plain

「じゃこナムル」

(中和風/惣菜/弁当には水分が出てしまいますが…よく入れちゃいます)

もう、いつもこれ。他のレシピをつくる間がないくらい、これ。簡単で美味しくて、大好き! カルシウムたっぷりの「じゃこ」、ビタミンCを守る&カルシウムの吸収を助ける「酢」ですもの、もう、完璧♪♪♪  早い話、私は「じゃこ」がすごく好きなんだと思います(^^;)

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(お好きなだけ)>>輪切り

◎じゃこ(お好み量で)

>>「じゃこ」は冷凍庫で常備しておくと調味料枠で使えて、コツコツとカルシウム貯蓄もできるのでとーってもおすすめです。文末添付の記事もぜひ、ご参照ください。

◎調味料

すし酢(1本に対して小さじ1〜2がめやす)、ごま油(1本に対して小さじ1がめやす)

≪仕上げ≫

「きゅうり」「じゃこ」をボウルに入れ、「すし酢」「ごま油」を回しかけ、和える。完!

※少しおいた方が、味が馴染みます。

f:id:TheHfamily:20190610200428p:plain


「即席和え」

(中和風/惣菜/酒肴)

味と手軽さに全面信頼! 和歌ネエの粋な酒肴レシピから。

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(好きなだけ)>>洗う。手間でなければ「板ずり」をし、「たたききゅうり」にして、一口大に。

>>「きゅうり」を麺棒やすりこ木、丈夫なコップなどでたたき(「きゅうり」を回転させながら)を、食べやすい大きさに折る。

>>和歌ネエのmemoより。『「たたく」っていうのは、「グシャ」ではなくて「ゴッ」っていう感じの、真芯をとらえる感覚よ』とのことw。やっぱり粋ですね。私はすりこ木で「バシッと、割れ目をいれるような感覚でたたきます。割れ目が入って、そこを割く感じ!

◎炒りごま(少々)

◎調味料

(きゅうり1本に対してひとつまみ)、ごま油ラー油(少々)、一味唐辛子(少々)

≪仕上げ≫

「調味料」で和える、完!

(レシピ発見!:「R25 酒肴道場」萩原和歌 著)

「大至急焼き肉注文サラダ」

(中和風/惣菜/酒肴)

もう1品! 味と手軽さに全面信頼、和歌ネエの粋な酒肴レシピから。

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(2本)>>たたいて軽く塩をふり(2つまみくらい)、食べやすい大きさに折る(※「即席和え」参照)。

◎ねぎ(あれば3cmくらい)>>斜め薄切り

◎わかめ(適宜)>>水でもどして食べやすい大きさに切る

◎調味液

(大さじ1)、ラー油ごま油(小さじ1.5)

≪仕上げ≫

ボウルに調味液を合せ、素材を入れて和える、完!

(レシピ発見!:「R25 酒肴道場」萩原和歌 著)

「韓国風 たたききゅうり」(S&Bシーズニング)

(韓国風/惣菜/弁当には水分が出てしまいますが…味にメリハリが欲しいときに入れちゃいます!)

いやぁ、すみません。市販のシーズニングミックスです。化学調味料が入っているんですけどね、たまにはキュッとパンチがあるのも刺激になりますw。一時、シーズニングミックスをあれこれ試してみた時期があるのですが、美味しいな、と思って今もときどき使うものが4種ほどあります。アブラと一緒に使うアジア料理系のたれや、炒め物シーズニングは、シーズニングとして向いているな、と感じています。他は便利ですが、なかなか「粉で味をつける」という限界を超えがたいように思います。

≪材料と下準備≫

◎きゅうり>>たたききゅうり(※「即席和え」参照)にして、食べやすい大きさに。

◎「韓国風 たたききゅうり」(S&Bシーズニング)

≪仕上げ≫

ボウルに「韓国風 たたききゅうり」(S&Bシーズニングのシーズニングミックス)を入れ、「ごま油」を入れ、混ぜる。

>>「きゅうり」1本に対して「シーズニングミックス」1袋、「ごま油」大さじ1が、基本レシピになっていますが、味が濃いめなので、「きゅうり」2本で1袋や、3本で2袋などで使っています。

「きゅうり」を入れて和えて、完!

>>お好みですが、私は漬かる感じよりも、「きゅうり」にシーズニングが絡まってるくらい、つまり出来立てを食べるのが好きです!

↓↓↓どこのスーパーでもあると思います、商品画像のご紹介までに。

副菜 味の鮮度を楽しむ 

「漬ける」とどうしてもじゃっかんくたっと同じような食感になってしまうので、「四川(しせん)」「四葉(すーよー)」という品種を使うと、しゃっきり度が保てて、これまた新鮮です。これらの品種は表面がちりめん状で、歯ごたえがしっかりしています。漬けたり、炒めたり、冷やし中華や春雨サラダなど「水分よりも歯ごたえが欲しい」レシピによく合います!「四川」は「四葉」の改良種。

「漬け」の下処理はだいたい同じ。「たたききゅうり」を一口大にしたり、お好みの大きさに切り、塩小さじ1/3程度で10分ほどおいて水分を絞り、漬ける。なので、「きゅうり」をまとめて下処理し、2~3種の「漬け」をまとめてつくっちゃったりします。

「きゅうりのナンプラー漬け」

エスニック&和風/惣菜/弁当)

レシピ本では「エスニック」風とされることが多いですが、金沢の魚醤「いしり」など日本にもなじみのある味かな~ということで、エスニック&和風としました。「ナンプラーが苦手」というのでなければ、おっ、新鮮な味♪  いいね♪♪ です。小エビをトッピングしても♪♪♪

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(1本)>>たたききゅうり(※「即席和え」参照)にして一口大か、スティック状に塩小さじ1/3を振って10分ほどおき、水分を絞る。

◎調味液

ナンプラー(大さじ1/2〜2/3)、レモン汁(小さじ1)、にんにく(1かけ分)

>>「にんにく」を生で使うと、けっこう臭いが残るので、こんなときこそ!「自家製にんにくマリネ」が便利です! 文末添付の記事をぜひご参照ください。 塩分がよく染み込むので、ナンプラーはやや控えめに(^.^)

◎お好みで

糸唐辛子粉唐辛子小エビなどをトッピング

≪仕上げ≫

ジップロックに全てを入れて軽くもみ、空気を抜いて1時間以上漬ける、完!

「めんつゆしょうが漬け」

個性を出すために、私はしょうがをけっこうしっかりいれちゃいます。冷え冷えにして、夏にいいですね〜♪ 「しょうが」の量はお好みで!

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(1本)>>たたききゅうり(※「即席和え」参照)にして一口大に/スティック状に塩小さじ1/3を振って10分ほどおき、水分を絞る。

◎しょうが(大さじ1)>>みじん切り/すりおろし

※レシピ本ではよく「チューブ」と記載されていますが、薬味は本物??がだんぜん美味しい! 「にんにく」同様、私は「しょうが」のみじん切りも常に冷凍でSTOCKして使っています。市販の「しょうが焼きのたれ」を使う時も、本物??を足して使うと、もっと美味しくなります!

◎調味液

めんつゆ(濃縮タイプなら大さじ1/ストレートなら大さじ3)、ごま油(小さじ1/3~)

≪仕上げ≫

ジップロックなどにすべてを入れ、軽く揉んで空気を抜いて、冷蔵庫で一晩。完!

「きゅうりの辛子しょうゆ漬け」

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(1本)

>>たたききゅうり(※「即席和え」参照)にして一口大か、縦4つ割り4cm長さに切る)に、塩小さじ1/3を振って10分ほどおき、水分を絞る。

◎調味料

練りからし(小さじ1/2~)、しょうゆ(大さじ1)、みりん(小さじ1/2)

>>「粉からし」を水で練って使うと、「余分なものが入っていない感」が半端ないですw。ちょこっと使う際にはチューブが楽ですが、「からし」が主役のレシピのときは粉を練って使ってもいいですね(*^^*) あ、小さじ1/2程度では練りませんよ、まとめて作るときなど!

≪仕上げ≫

ジップロックなどにすべてを入れて空気を抜き、冷蔵庫で一晩、完!

「香りもみ漬け」

≪材料と下準備≫

◎きゅうり(3本)>>薄い輪切り

◎にんじん(あれば4cmくらい)>>細めの薄い短冊切り

◎しょうが(1かけ)>>千切り/みじんぎり

青じそ(1束)>>千切り/ハサミで切り入れる(「併せてご参照ください」をご参照ください)

◎塩(小さじ2/3程度)>>全体量の1%

≪仕上げ≫

ボウルに全て入れて混ぜ合わせ、しんなりしたら軽くもみ、重石をして15分ほどおく。完!

>>「青じそ」の香りを丁寧に楽しむのなら、「しそ」以外を漬けておき、最後に「しそ」を加えて軽く揉み合わせる

 

↓↓↓本日現在¥1,580のこちら、あると、とっても便利です。野菜ももちろん、豆腐のこれで水けを抜き、絞り豆腐にしたり! 

併せてご参照ください 

青じそ」キッチンバサミ投入方法

青じそ」の香気成分は、葉の裏についているそうです。よって、葉の裏は触らないように千切りになり、ちぎるなりするのが香りを高く維持するポイントだそうです。

昔、「ためしてガッテン」で見て以来、味もさながら、便利なので実践しています。

青じそ」の葉の根元を持って、水を入れたボウルなどの中でやさしくゆらして洗う。

やさしく水けを振り払い、根元をもったまま(根元が上、葉先が下)下からまず縦に切り込みを入れ、次に下から横に切りながら鍋などに投入する。

千切りのように繊細にはなりませんが、ワイルドに香り高く仕上がります。

f:id:TheHfamily:20190528195851p:plain


ãéãã ã­ããã³ã°ãã¿ ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

www.dreams-hack.com

www.dreams-hack.com

www.dreams-hack.com

 

みなさまの定番入りできそうなレシピはありましたか? レシピを発見したら追加していきますので、ぜひときどき、見に来てください♪

さようならダイエット! 美味しく食べて、いつまでも太らない・快適・快調、若々しいカラダをめざします。

f:id:TheHfamily:20190317160449p:plain