MI・CHI・KOの健康第一★新・家庭の健康&食事学

エステティシャンの後、化粧品会社で健康美容情報の発信やサプリメント企画開発をしてきた48歳管理栄養士。レシピを見ないで作る簡単・美味しい・健康で太らない家庭料理と、食事以外で実践したい健康情報をまとめるblog

【忙しい人必見】【便秘・ストレス・むくみ予防】起床時5分の黄金習慣!

朝、目が覚めたときにたった5分で、「便秘」「ストレス」「むくみ」の予防ができてしまう黄金習慣を確立しました!

この習慣が身に着いたことで、張りやすかったお腹が張りにくく、スッキリ。ストレスによって固くなりやすいというお腹をケアすることで、ストレスケアにも効果。足裏から膝上までをざっくりさわって足脚の疲れ、内臓の疲れをリセット。

どんなコンディションでも、この「ルーティン」でスッキリした朝を迎えられます。

いいこといっぱい。ぜひ、ご参照ください。

起床時5分 黄金習慣はコレ!

①朝、目が覚める

②手元のスタンドのスイッチを入れる

③寝ぼけなからでOK。お腹を触る(マッサージ)

④ベット(布団)の中で伸びをする

⑤ベッド(椅子)に腰をかけ、マッサージボールで足裏をコロコロする

⑥ふくらはぎをモミモミ、足首からひざ裏、さらに膝上まで刷り上げる

⑦立ち上がって伸びをする

以上。たいした回数はしなくてOKです。

毎朝やる、というのがキモです。

 

黄金習慣 解説

朝、目が覚める

私は目覚ましをかけてもかけなくても、起きようと思う時間の前に目が覚めます。

が、最近は「Sleep Cycle」というスマホアプリが気に入っています。

目覚めたい時間をセットし、充電をしながら画面を下にして枕元に置いておく。すると、セットした時間の手前の、眠りが浅い時にやさしい音楽を流してくれます。

だいたい10分くらい前が多いでしょうか。

まどろみながら、黄金週間を実施してしゃっきり目覚めていくのにちょうどいい!

「睡眠時間」「快眠度」「いびき」など、自分の睡眠状態を確認できるのも楽しいです。

1年間¥240の課金をベースに、追加課金で機能をグレードアップさせていくしくみです。

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

  • Sleep Cycle AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

play.google.com

手元のスタンドのスイッチを入れる

特別なスタンドなわけではなく、単純に光にあたって「サーカディアン(概日リズム)」をリセットしようというものです。

(放っておくと25時間のリズムになってしまう体内時計は、太陽光と朝食でリセットされます)

まぶしいライトをプチっとつける。

 

私はそれだけですが、光目覚まし時計も評判いいようですね。

私も、使ってみたいです!

寝ぼけなからでOK。お腹を触る(マッサージ)

お腹は張りなく、柔らかい状態が望ましいです。

ストレスが高い人は、お腹が固い。と、漢方医の先生が言っていました。

毎日触っていると、お腹のコンディションがわかるようになります。

もちろん、便秘対策にも効果大。

毎朝、やさしくほぐしましょう!

 

いろいろメソッドがありますが、今は結論、とても簡単な方法を実践しています。

①おへその周りを時計回りにほぐすしていく。

ここは小腸のエリアなのでごくごく優しく。私は、うっかりここを強くほぐすとお腹を壊します。

②外側のエリアを時計回りにほぐしていく。

ここは大腸のエリアなので、固いところは少し強めに、時計回り方向へ押し出すようにほぐしても大丈夫です。便秘改善に効果ありです。

 

↓↓↓下の写真のように指先を使ってその箇所をクルクルとほぐしながら、時計回りに全体をほぐします。

①はごくやさしく、②は固いところはやや強くてもOKです。便を押し出すイメージです。

f:id:TheHfamily:20190309113443p:plain

f:id:TheHfamily:20190309113726p:plain

オイルをつけて、時計回りに流してもOKですし、グーの手で胃の方から下へ流すとむくみがとれます。お腹って、けっこうむくんでるんですよね。

 

ベッド(布団)の中で伸びをする

起き上がる前に、伸びをします。厳密でなくてよく、気持ちよく伸ばしてください。

ヨガでいう「猫のポーズ」。背中が伸びたり、肩まわりをほぐれたり、腰回りの筋肉をほぐして腸の働きに刺激を加え、これから活発に動けるよう、カラダの準備をしてくれます。ここら辺でだいぶん眼が覚めてきます。

ヨガ的には、寝る前の習慣としてもおススメのようです。

 

ãã¨ã¬ãç«ã®ãã¼ãº ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ãã¨ã¬ãç«ã®ãã¼ãº ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ベッド(椅子)に腰をかけ、マッサージボールで足裏をコロコロする

これで完全にスイッチが入ります。

使うのはマッサージボールです。

ゴルフボールでも大丈夫(テニスボールだとちょっと柔らかいですね)ですが、専用のマッサージボールは、密着度、刺激の入り方が絶妙です。

これなら旅先にも職場にも持って行けるし、可愛らしいので1個持っていて損はないです!

↓↓↓ボールに足を乗せ、体重をかけてコロコロします。痛ギモです。

f:id:TheHfamily:20190309125158p:plain

 

さらに、以下の本を読んでから、足裏のコロコロ習慣に、ふくらはぎを揉んで柔らかくする、最後に足首側からひざ上まで、老廃物を流すイメージで撫で上げる習慣を加えました。

足裏をほぐしたら、老廃物を流さないといけなかったのでしたー。

 

↓↓↓この本は1986年第1版発行。2018年11月に第103版発行です、スゴくないですか?!

これを読んで、がぜん足裏コンシャス、時間があるときにはモミモミするようになりました。一読の価値あり、です。 

足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)

足の汚れ(沈澱物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)

 

 

立ち上がって伸びをする

これはもう、ふつうに気持ちよく伸びるだけ。スポーツ選手の「ルーチン」みたいなものです。

「伸び」は血流を促し、カラダが固まるのを防いでくれますので、仕事中でもいつでも、マメに伸びをするとよいようです。

学生時代なら怒られるかもしれませんが、カラダは落ち着きなく動かしている方がよいみたいです、笑。 

 

カラダの中から若々しく。
みなさまの新しい「アンチエイジング習慣」に役立ちますように。

ã伸㳠ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ