さようならDIET

ストレスフリー!自由な大人のBODYマネジメント

【疲れにくいカラダづくり】ちょい疲労抜き習慣でいつでも快調!

カラダを動かす習慣が身につくと、肩こりなど気にならず、疲れにくくなるものですよね。さらに、ちょいちょいこまめにケアしてあげると、かなり快調なコンディションをキープできます。疲れにくいと、食欲コントロールも失敗しにくい! 今回は食べ物のお話ではありませんが、ぜひご参照ください。

「疲れにくい」コツは、カラダを固まらせないこと

実は、動くのがいちばん「疲れにくい」秘訣です。もうひとつ、とにかく柔らかく、柔らかく、固めない。これ、アンチエイジング効果も大です。

疲れにくいカラダとは、血液(栄養を運ぶ)とリンパ液(老廃物を回収する)が、いつもカラダ中にいきわったているイメージ

常に力まずリラックスに心がけ、まめに伸びをする、ウロウロする(よく動く)などの積み重ねが、意外にも「疲れにくい」カラダづくりに役立ちます。

その日の疲れは、その日のうちに。

理想は夜、お風呂に入った後の「ストレッチ」習慣。使わなかった箇所をのばし、血流を促し、筋肉を柔らかく保ちます。そんな時に、またはそうでないと時にも、ちょい疲労抜きに役立つグッズをみつけました。

1個は欲しい、汎用性が高い『マッサージボール』

「凝った(固まった)な」、というとき。このボールを凝った場所に合せ、そこに体重をかけたり、重みをかけてコロコロしたり。肩、肩甲骨、足裏、各所に使えます。
私は、起きたらベッドに腰をかけたまま、このボールで足裏をコロコロさせるのが習慣。超偏平足なので、足裏が非常に疲れるのです。
 
これはハードタイプ、堅いタイプのボールです。経験上、凝った部分はピンポイントにちょっと強い刺激を与える方が効くようです。
直径6.5cmの球体。表面がウレタンのような特殊加工になっていて、滑りません。皮膚にピタっと密着してくる感覚が満足です。デザインもテンションがあがります。
小さいからポンっとカバンに入れて、持ち歩けるのも魅力です。テニスボールやゴルフボールを使う方も多いと思いますが、であれば、なおのこと、このボールは十二分に使いこなせ、損はしないと思います。
 
背中、腰、頸椎などには、2個くっついているタイプもあると便利。
私は今年のはじめに「頸椎椎間板ヘルニア」を経験。オフィスワークが長く、ストレートネックなので頸椎ケア用に先日、2個くっついているタイプも購入しました。
もっと早くからケアしていればよかったです、涙。
 
2個タイプですが、ベッドに入ったら、仰向けの状態で頭と首の付け根において首をリラックス。続いて首、肩の付け根、背骨を挟むように少しづつ下にずらしながら置いて、体重を乗せていくと、カラダリセットに、かなりいい感じです。
 

レモングラスユーカリローズマリーなどの精油が配合されたオイルです。

息子の筋肉痛対策に、スポーツ用で評判がよいものを探していて、見つけました。

私は筋肉痛が好きなので、その目的では使いませんがw。肩周りや張りを感じるところに「塗る」だけでも効果が実感できます。

香りもよいので、リラックスにもおすすめです。

 

 

攻めの疲労抜きには「リカバリーウェア

「VENEX」というブランドの「リカバリーウェア」。ナノプラチナなど、鉱物を繊維に1本1本練りこんだ、特殊素材[PHT]を使用したウェアで、血流をよくし、疲労リカバリーしようというものです。

ネクス社、東海大学、神奈川県が「産学公連携事業」として開発したということで、ある時期、スポーツショップで「神奈川県推奨」として売られていました。

Tシャツ、レギンス、ネックウォーマー、腹巻、アイマスク、アームカバーなどいろいろあり、アスリートや芸能人も使用しているようです。私は、レギンスを使用。血流をよくすることが、やっぱり疲労回復の「キモ」なのですね。

仕事で「ネックォーマー」を販促品に使ってみました。 評価は上々です。売ってほしい!  とまで、ご希望をいただきました。風邪気味のときにネックウォーマーをつけて寝ると治っちゃう、というお声などもいただきましたよ。

 

 

 今は、「アイマスク」を狙ってます。

ちょこちょこと疲労を抜いて、毎日快調にいきたいですね。

 

さようならダイエット! 美味しく食べて、いつまでも太らない・快適・快調、若々しいカラダをめざします。