若々しいカラダ&太らないLIFE STYLE with WINE

エステティシャンの後、化粧品会社で健康美容情報の発信やサプリメント企画開発をしてきた48歳管理栄養士。アラフィフで確立した元気・健康・太らない・痛めない! 食事と健康習慣の実践blog。WINEでカラダ緩めてます♪

【膝に違和感を感じたら必見】足裏アーチが危ない!『足裏筋トレ習慣』のススメ

化粧品会社なのに、一番売れるサプリメントは「グルコサミン」。どれだけ多くの方々が膝・腰、節々のトラブルに悩まされていることか。

私が美容やダイエットでカウンセリングをしていても、ご年配の方のご相談は膝・腰・首…。この分野に栄養学は非力。

まずは膝対策。これは、「足裏アーチ」が重要でした。

 

スポーツはもちろん、日常生活にも大切な『足裏アーチ』

今、私の周囲では「足裏アーチ」の話題が熱いです。そしてその情報すべてが、『足裏アーチを構築せよ!』と示しているように感じている、この頃です。

 

-子どもたちのスポーツ 

パフォーマンスを保つ、ケガをしないために足裏アーチを作ることが声高に言われています。(最近の子どもたちは、足裏アーチがうまく形成されにくい)

 

-大人の膝痛

周囲もみなアラフィフのお年頃になり、膝痛の声が多くなりました。

大前提、加齢に伴う膝軟骨の減少がありますが。加えて足裏のアーチで衝撃が受け止められず、膝に負担がかかっていることを指摘されることが多いようです。

 

-私w(マラソン

「この足でよく走れますね」と言われるほどの超扁平・開帳足です。

私は筋トレもしているので膝まわりの筋肉、腹筋があるため、膝・腰痛にはなりません。と、整形外科のドクターが言ってくださいました。

しかし、負担は上半身背面へ。違和感があったのに、走って治そうと無理をしていたら。その負担が「首」へきました!

オフィスワークなのでもともと「ストレートネック」。これがウィークポイントだったのですが、「頸椎椎間板ヘルニア」に。まさか! ここですか…。

「頸椎椎間板ヘルニア」は、固定させるために首にコルセットを巻いたりしますよね。

絶対にするもんか!! しばらくは痛みに悶絶しながら、それでも極力涼しい顔してやり過ごしました…。

 

私たちヒトは、二足歩行になりました。「足裏アーチ」で地面からの衝撃を逃がし、「頭の重さ」が首・腰・膝に負担をかけない姿勢を保たなければなりません。

しかし、靴を履いてしまったことで、裸足でいることが少なくなり、「足裏アーチ」の機能を退化させることになったのです。

 家でもスリッパ履いたり、靴下履いたり、していませんか?

 

結果、今や「膝腰首痛」は、国民病です。

 

ãäºè¶³æ­©è¡ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

足裏アーチとは?

足裏のアーチは、3つです。

とってもわかりやすく言うと、外側・内側アーチの崩れが「偏平足」、前側アーチの崩れが「開帳足」。

足裏、人差し指つけ根が固くなっている、タコができている方は、ほぼ「開帳足」です。女性はヒールを履く習慣もあるので、なりやすいようです。

 

f:id:TheHfamily:20181204203436p:plain

 

確かに。私も走るようになったからこそ、足指1本、足裏筋肉、筋膜など感じるようになりましたが、外では靴を履き、室内では靴下・スリッパを履くような生活では、「足」という塊(かたまり)は感じても、パーツは感じないですよね。

怖い…。

 

足裏アーチを取り戻すことは、できるのか?

実際、なかなかアーチを「取り戻す」までにはいかないようですが、多少の「努力枠」があるようです。

 

足も、大小筋肉が密集しています。筋肉は、何歳からでも鍛錬可能!

ということで、「足裏筋トレ」「足裏を使う生活」を意識することで、多少の改善を試みることができそうです。

f:id:TheHfamily:20190210110948p:plain

出典:「筋肉のしくみ・はたらき パーフェクト辞典」 

足裏筋トレ、始めましょう!

タオルギャザリング

有名ですね。タオルを足指で手繰り寄せます。

f:id:TheHfamily:20181204203653p:plain

 

同じ発想で、いいものを見つけました! 

バレエ(踊る)の甲出し、ジャンプ力アップのためのものだそうです。

私も愛用中。

こういうのがないと、続かないんですよね…

買ったから、もったいないからやろう、みたいな、笑。

 エクササイズ

「ランナート」という、ランナーのケアに強い治療院のサイトですが、とてもよくまとまっています。

「走る」ことによって起こる事は、ランナーだけの話ではありません。

「走る」ということは、日常生活でもかかっている負荷を、数倍速の速さで先取りしている。つまり、走っていなくても、加齢とともに同じことがおこります。

走りながら修正することはできますが、動かないカラダは「固まる」ので、動いていない方は、トラブルを修正しにくくなります。

ぜひ、ご参照ください。私も実践しています。

www.youtube.com

 

できるだけ、裸足で過ごす

部屋が床の場合、足の皮脂がついてしまうので嫌がられる方も多いと思うのですが…。極力、室内は裸足、または5本指靴下で「指を使う」ようにしたいです。

私も裸足で過ごしていますが、とっても「足指コンシャス」になりました!

親指がなぜ他の指より大きいか。そんなことも、いちいち納得します、笑。

 

日常ばきの靴を見直す

既に足裏が原因で痛みがあったりする場合は、「インソール」が処方されているケースも多いかと思います。

「インソール」はメガネみたいなもの、と説明しているサイトがありましたが、まさに。という感じです。

私も、ランニングやレースの時はインソールを入れたシューズ(シューズ自体も目的合せて変えていますが)を使います。

アーチの矯正が必要不可欠な状態の方には、おすすめできないのですが。

 

アーチトレーニング目的ならば、日常ばきの靴の見直しもおすすめです。

「BORN TO RUN」という、素晴らしく、ヒトの動物的本能に肉迫した本があります。その中で、ランナーの脚足トラブルの要因は、クッション性のあるシューズを履くようになったため。と、結論づけています。本来の足裏の機能を使って走れば、痛めることはない。ということです。

 

恐らく、その理論に基づき開発されたのが「ナイキ フリーラン」

今回、記事をまとめる中でさまざまなレビューも確認し、私も日常ばきをこちらにすることにしました。

もうアーチがないので、これで走るのではなく、外を歩くときも足裏を使えるように、という目的です。

 

さて。

気持ちいいです。コンセプトが「裸足のように」です。

軽く、よくフィットします。

足の指、骨間筋(指の間の筋肉)が自由になっているのを感じます。

そして、そして。足の人差し指つけ根にあったタコが柔らかくなり、なくなってきました!

 

 

併せて『姿勢チェック』の習慣もぜひ!

カラダのフレームを守り抜く秘訣は、「足裏アーチ」と、頭の重さを正しく受け止める「姿勢」です。

健康情報を伝える立場としては、もうこの2点をぜひともお伝えしたい!

www.dreams-hack.com

と、自らの失敗を踏まえて、熱く感じています。

膝腰首が痛い、というと、一気に加齢を感じますので、出来る限り守りたいですね! 

 

カラダの中から若々しく。
みなさまの新しい「アンチエイジング習慣」に役立ちますように。