『H家』タフにGO!

旧’『H家』綱渡り日記’。今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。ただの酒飲み不良管理栄養士の私もワークアウトに目覚め、現在体脂肪14%★生涯トライアスリートをめざすライブブログ。元気なノウハウ、まとめます。

#マラソン  レース前、最後の週末。「サブ4」47歳女子、コンディショニングの選択。

いよいよ、来週はレース本番。

昨年も同じタイミングで同じレースを出ている。トレーニングの、1年間の総決算。

昨年に引き続き、「サブ3.5」を目指していたのだが。これは残念ながら「出直してこい!」という仕上がり。今回の走り込み時期の月間走行距離は、結果平均120kmくらいか。

当初の目標(一応、サブ3.5をめざすならこれくらいの距離は走っておきたい、というベンチマーク)200kmにはとても、及ばなかった。

 

事故がなければ「サブ4」は大丈夫だろう。

根性出して、昨年の3時間46分を1分でも縮められるかどうかが本命かと思うのだが、がんばると右半身を痛めそうな気配の仕上がりなのが、情けない。

 

ラソン最初の年はレース直前、「左脚股関節」を痛めた。

最後は、脚が動かなくならないように祈りながら、ど根性で目標にしていた「サブ4」を達成。本当にうれしかった。左脚股関節完治には2か月かかったけど(^^;)

その後、靴にインソールを入れたり、インナーマッスルレーニング、筋トレ、さまざま試しながら、今のウィークポイントは、右半身。

 

左脚着地はしっかりと腹筋が受け止めているのだが、右脚着地が背中側にずれている。

走りこむと、このずれが加速して、着下時に腰(お尻)が右側に倒れこむようになり、その負担が違和感に。そのまま負荷を続けると、痛みがでるという、違和感だ。

着地だけを観察すると、足首が内側に倒れているのだが。

来年は、ここが解決できるのかなぁぁぁ?

 

今年は「いよいよ走りこむぞー!」と思った矢先、「足指が痛くなる」というトラブル発現。それを乗り越え、走り込み始めたら、最終的にこのありさまである。
その理由がおそらく、シューズを初心者向けから、スピードコンシャスなものに替えたこと。それが功を奏するか、逆に 足・脚が堪え得ない結果となるのか!
レース前3週間の時点で右半身に違和感があったので、その後に予定していた30km走1本、20km走2本は見送った。
 
週末にカラダが重くならない程度に軽く走り、最後だけペースをあげてペース感を落とさないようにした。
逆に、下半身の筋トレを復活し、刺激を入れるようにした。
 
 
さてさて。
右半身を温存することを優先し、早々に調整に入った今年。
仕込んできたことが、どのような結果になることやら。
 
・コンディショニングに踏み切ったおかげで、当日調子よく走れるか。
・スピードコンシャスなシューズに替えたことが功を奏するか。
・今年、特にチカラをいれてきた下半身と腹筋の強化(筋トレ!)が功を奏するか。
 
・スピードコンシャスなシューズになったゆえにおこったトラブル、「足指が痛くなる」が起こって、完走がやっとになるか。
・違和感がある右半身に痛みが出て、完走がやっとになるか。
 
もうひとつ、プラスに働く要素が。
週明けから、アルコールを抜く。
毎日ワインを1本近く飲んでいるからね、肝臓が元気になって調子があがるんじゃないかなーーー、笑。
 
どのような結果になっても、来年につながる。
楽しんでいこう!
ãæ¹åãã©ã½ã³ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ