『H家』タフにGO!

旧’『H家』綱渡り日記’。今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。ただの酒飲み不良管理栄養士の私もワークアウトに目覚め、現在体脂肪14%★生涯トライアスリートをめざすライブブログ。元気なノウハウ、まとめます。

#子育て 息子が料理をするようになって、さらにプラスのメリットが!

今年の、心底嬉しかったこと。

中学2年生の息子の「料理デビュー」!

 
まだまだ始めたばかりで、レパートリーもへったくれもないくらいだが。
お腹が空いたから、自分で食べたいものを作って食べよう』。
このメンタルこそが、ワタシの子育ての大きなゴールのひとつであった。
 
現在は、息子が大好きな「パスタ・ペペロンチーノ」「卵焼き」「スクランブルエッグ」がレパートリー。
凝り性だからね、大好きな「ペペンチーノ」をいろいろ研究しているようだ。
卵は、ワタシが「プロテイン」「プロテイン」と、うるさいから、食事には何かしらタンパク質主体のものを食べなくては。という意識が刷り込まれてきたらしい。
よしよし。
 
さて。自分で食事を用意するスタートがきれた歓びとともに、息子がキッチンを使うようになって、プラスのメリットが。
キッチンがキレイに保たれるようになったのだ。
 
情操教育上、時間がなくても(ワタシが)最低限の片付けをすませて出かけるようになった。道具は使ったらすぐ、洗ってもとに戻す習慣がついた。だからね(^^;)
※ワタシが、今さらなのですが‥
 
料理に飽きないようによい加減のところでで新しいレパートリーを増やしながら、徐々に片付けを覚える算段かな。
まずは楽しいところから、いいとこ取りをすればよい。
 
ワタシ自身を振り返って思うのだが、(親が)面白くないところからお手伝いをさせるから、対して興味が持てないのだ。
皿運びとか、皮むきとか、盛り付けとかね。
 
「華」は調理と味つけ。
『自分でも作れるんだ』っていう、達成感。
出来上がりまでをやらなくては。
 
プリンが大好きなら、ボウルいっぱいのプリンの作り方から入ればよいのだ。
夢がある。
 
「ペペロンチーノ」に凝っている息子を支えるために、ワタシがやっていることは。
ひたすら、ニンニクの皮をむき、ミニフードカッターでのみじん切りし、それをジップロックに平らに広げて冷凍させておくこと。
 
「ペペロンチーノ」の決め手は、ニンニク、塩、オリーブオイル。
 
ニンニク、ショウガはみじん切り(ミニフードカッターがとても便利)を冷凍しておき、チューブじゃなくてこれを使うと味が全然違う。
なんでも美味しくなっちゃう。
レシピに「スライス」とか、「千切り」とか、「すり下ろし」とか書いてあっても、全部これでいけちゃう。
使うときに切ったり刻もうとすると、面倒だからチューブを使いたくなるし、そうこうしてうちに冷蔵庫の中でニンニク、ショウガはカピカピになる。
 
よって、みじん切りの冷凍保存はとってもおススメ!
さらに、このみじん切りのニンニクを「ごま油」「オリーブオイル」それぞれに入れ、ごく弱火にかけて色が変わらないくらいで火を止めた2種の「ガーリックオイル」を作っている。
 
ナムルやマリネなど、ニンニクを使いたいんだけど「生」はにおいが強くて使えないなー。という、火を通さない料理のときに使っている。
 
 
↓↓↓これ、単純にシリコンの筒なんだけど、これにニンニクの粒を入れて上からチカラを加えながらコロコロすると、ハラリと薄皮が剥ける。
ニンニクの薄皮むきはけっこう手強いので、昔、大して期待しないで購入していたこれが今になって大活躍!
今でも売っているのかなぁ、と思って探してみたら、けっこうな種類が出てきたので、原始的だけど、これがイチバン皮むきに「効く」のではないかな。¥300ちょっとデス。
 
↓↓↓ミニチョッパーは、じゃまにならないので出しっぱなしで気軽に使えて便利! 
高いものじゃなくて、全然大丈夫デス。
 
 毎週ニンニク2玉は使うから。
今週末もニンニクの皮むきだ。
がんばるぞ! 笑。
 
※まだ売っているのかな、とニンニク皮むきを探していたら。
ショウガの皮むきもあるんだねーーー。
ショウガはみじん切りとともに、「紅ショウガ」もつくるので、試してみよっ。
また、ご紹介します。
 
 ãã­ããã³ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ