『タフでご機嫌』に過ごせるようになる習慣

化粧品会社で美容健康情報の収集発信をしてきた、48歳管理栄養士。実践・加齢などの体験にもとづいた「おすすめ習慣」をまとめるブログ。人生は習慣が8割だとか。タフでご機嫌にいきましょー!(+思春期息子の子育てログ)

40歳代後半からでも腹筋は割れる? 経過報告

「ワークアウト」は必ず結果が出ます。ただし、中年から始めると「皮下脂肪」という厚い壁に阻まれます

 ※以下は、毎日赤ワイン1本近く飲む習慣のうえでの結果です。飲まなければ、結果はもっと早いかと。また、皮下脂肪が少ない方は、かなり結果が早く出ます。

 

ワークアウト開始前は身長154cm、体重50kg、体脂肪25%前後をうろうろ。

ワークアウトを始めて、4年。

今は体重46km、体脂肪15%前後をうろうろです。

 

最初はランまで含めて、公共のジムでトータル1時間超程度、週に1回。
公共ジムではたいてい、ランニングマシーンは20分が制限時間です。
20分でも、走り終わるとめまいがしていました、笑。
 
決して頑張ることはなく、「気持ちいい」範囲でワークアウトを積み重ねてきました。
そのうち、ジムに行かないと気持ち悪いようになり、息子がキックボクシングに転向したので、いわゆるジムに行くようになり、時間も強度も長く、高くなり…。
相変わらず、週末中心ですが、筋トレ3時間、ラン30km、時間があれば1~2km泳ぎ、バイク(自転車)に乗る時間がないのが、悩みです、笑。
今はフルマラソンを4時間以内で走り、生涯トライアスリートトライアスロン)をめざしてます。
走るのもバイクに乗るのも、腹筋で支えるので腹筋などカラダの真ん中(体幹)のトレーニングは欠かせないので、腹筋トレーニングがいちばん時間をかけるかな。
 
 
レジデンス(筋トレ)と有酸素運動エンデュランス(持久系スポーツ)という、最強の組み合わせでトレーニングをしている私。
体脂肪が落ちないわけはありません。
 
一方で、色気を出して、1つのゴールとしてきた『腹筋シックスパック』。
腹筋を割る、というあれです。こちらの進捗について。
 
一時は『最優先事項』として、毎日10〜15分の腹筋ワークの時間をとっていました。
本来は、少しづつでも毎日続ける方が効果的のようですが、身長180cm超をめざす中2の息子を抱える母としては、目下、とにかく中華鍋を振り回すのが最優先事項です。
  
ということで、現在は週末に18〜20種×20回、20分程度が1クールのセルフメニューを3~4クール実施。つまり、1時間超、粛々と腹筋トレをしています。 
※同等の背筋ワークも行います。表と裏は同等にトレーニングしておかないと、バランスを崩して傷めてしまうので、注意です。
 
4年かけ、かなり引き締まってきました。
しかし「腱画(けんかく)」(腹筋が割れた時に見える線)は、なかなか出てきませんねーーー。
そもそも腹筋はシックスパックなので、皮下脂肪がのっていなければ、みなシックスパックに割れているそうです。
つまり、皮下脂肪を落とさない限り「腱画」は現れてこないわけですね。
 
内臓脂肪は、つきやすいが落としやすい。
皮下脂肪は、じっくり厚みを増してきたもので落とすのが至難。
万年ぽっちゃりだった私の皮下脂肪は、けっこうな年季モノです。
 
ãç®ä¸èèªãè¹é¨ã ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
 

「皮下脂肪」はそもそも減らないのではないか。そう思えるほど手ごわいが、確実に手ごたえがでてきました!

最近の腹筋の変化は、以下のとおり。

1.立った際、明らかにお腹が平らになりました。よく見るとはみ出しているのですが、印象は「お腹出ていないヒト」に。
2.ピチピチのジーンズなりTシャツなりを着るので「はみ肉」するわけですがw、この量が減りました。
3.「プランク」などで四つん這いになった時。超リアルに皮下脂肪量が可視化されてしまうのですが、濃い色のコンプレッションTシャツ(ピタピタのアスリートご愛用Tシャツ)なら、なんとなくごまかせる程度になってきました。
 
「腹筋トレーニングの効果」だと思いたいのですが、腹筋トレーニングは腹筋の筋量をアップさせ、筋肉の隆起をつけること。より深いシックスパックにする方向です。
 
実際、皮下脂肪が減っている手ごたえの要因は、自宅との距離が約20kmあるオフィスからの「帰宅ラン」を1ヶ月ほど、週2にして走り込んだこと(信号待ち含めて2時間超、山級の坂を6個くらいアップダウンして走ります)。腹筋で支えて走れるようになっており、ランでも腹筋が使えていることのように感じています。
有酸素運動は20分超で糖燃焼から脂肪燃焼へ変わると言われていますが、1時間超走ると爆発的に燃えるようになるとのことです。
 
皮下脂肪は残念ながら?? 「燃やす」ことが必要なようで、あまりてっとり早くはいかないようです。
 
結論、走らないとダメ??
「早歩き」でも十分、燃やすことができると思います。
距離は稼ぎたいですね。
階段を上がる習慣にすると、脚に筋力がついてくるので、歩くのも楽になってきます。この好循環で、燃やしましょう!
 
燃焼をサポートする「特保」も、よいかもしれません。
 

f:id:TheHfamily:20181231142006p:plain

 

結果が出てくると、好循環が回り出す! 

皮下脂肪が減ってお腹が軽くなってきたら、常に「ドローイン」(とってもわかりやすくいうと、お腹を凹ませた状態)でいられるようになります。
 
「ドローイン」して過ごすだけで痩せる! という趣旨の本が流行りました。その通りなのですが、「ドローイン」って、けっこう腹筋を使います。
私は腹筋力がついて、「ドローイン」をキープできるようになりました、笑。
 
こうなる頃には走り込んでいたり、歩き込んでいるので、カラダが軽いはずです。
ますますどんどん走り、歩くようになっています。
ちなみに、私は走り込んだおかげで、普段歩くもの、素晴らしく速くなりましたー!
先日、久しぶりに一緒に歩いた夫が、息切れしてました。話、盛ってません、笑。
 
好循環が回り出します。
錆びついた歯車を回し始めるのにエネルギーがいるけれど、回り始めたら動物の本能が悦びます。動物の本能を、癒しましょー!

 ãã¦ã©ã¼ã­ã³ã° ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

引き続き、めざせシックスパック! 

一生、言っているかもしれません、笑。
でも、ヒトは「進化」か「退化」かしかないようで、「維持」というのはないそうです。40歳代半ばも過ぎると、「進化」をめざして、ようやく「維持」なのかな。
 
「皮下脂肪」の後は、「皮膚のたるみ」が控えています。顔よりも腹部のスキンケアに手をかけて、20歳代に着れなかったビキニを50歳代で着てみたいものですねー(*^^*)
 
↓↓↓残念ですが、私ではありませんzzz カッコイー! 
 
ãã·ãã¯ã¹ããã¯ å¥³æ§ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ