『H家』タフにGO!

旧’『H家』綱渡り日記’。今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。ただの酒飲み不良管理栄養士の私もワークアウトに目覚め、現在体脂肪14%★生涯トライアスリートをめざすライブブログ。元気なノウハウ、まとめます。

#ダイエット 「 脳でダイエット」は正しい。でも「運動しなくていい」とは言ってほしくないなーーー。

11月10日『世界一受けたい授業』で放映された、久賀谷亮先生の「脳科学ダイエット」。
 

年齢とともにカラダは変わり、食べ方も変えていかなければならないのに。

私たちはあまりにもそこに無頓着だ。

 
「太る」というのは、信号なのだ。
謙虚に、食生活を見直さなければならない「アラート」だと思う。
 
そういう意識、知識とともに、カラダのあらゆることをコントロールしている「脳」からダイエットのアプローチをするのは、すこぶる正しいと思うのだが。
 
「運動しなくていい」とは言ってほしくなかったなーーー。
 
筋肉を鍛えるとね、ほんとーーーーーに、世界が変わるんだってば。
「動物」であることを実感し、すこぶる「快適」なんだってば。
それを知らずに生きていくなんてっっっ!!!
 
と、言うようになるなんて。
過去のワタシを知るヒトはひどく驚く。
身近な夫も、ビックリだ。
極端ねぇ、とあきれるヒトもしばしばだ。
 
ワタシは44歳にしてワークアウトを始めたが。
当時、運動も汗も太陽も大嫌い。お酒大好き154㎝、49〜50kg、体脂肪24%くらい。ヤバイっていう最高体重は54kg。
ヤバイってなると、体重を戻して‥の繰り返し。
運動しないで痩せようっていうその道は、ある意味プロだからね、笑。
 
現在、46〜47kg、体脂肪14〜16%。
 
むっちゃ、快適。
コリとも無縁。疲れない。
腹筋が固まり、姿勢がブレない。
走りこんだ脚は坂道、階段もへっちゃら。
遅刻しそうになっても走れば間に合っちゃう。
自宅から駅まで、駅からオフィスまで、どこまででもぶっ通しで走れちゃうもんね。
どこの筋肉を使っているか、感じることができる。
カラダと脳が一致している感じ。思うとおりに動く。
カラダが軽い。
家事も楽々。
ちょっとしたカラダの違和感を感知し、早々に修正することもできる。
カラダを動かすと、完璧に脳ストレス解消をできる。
気力がわいてくる。
なんでもできるような、前向きな気持ちになる。
辛抱ができる。
カラダを隠すように服を選ばなくていい。
ファストファッション(お安い服)がなんでも着れちゃう。
脚が短くたって「スタイルいい」といわれる。
もう今さらだけど、笑。
 
やっぱりね、ヒトは「動物」なのだ。
カラダを動かすということを、本能が悦ぶ。
本能が悦ぶと、心が安定する。
 
どうして「運動しなくていい」なんていうのかなーーー。
この「快適さ」こそ、伝えてあげてほしい。
この「快適さ」を伝えないのは無責任だ。罪だ。
ってくらい、気持ちいいんだって。
 
ただね、事実。
運動だけでは痩せない。
太りにくいカラダになること、維持することと割り切った方がいい。
体重を落としたいのなら、食事コントロールは外せない。
 
加齢とともに、どんどん代謝は落ちていく。
「脳ダイエット」をしたって、また次の代謝ダウンのフェーズがやってくる。
 
いち早く、腹を据えて。
カラダを動かすライフスタイルを構築することがお勧め!
 
ワタシは自分のペースで、自分の世界に浸って、モクモクと筋トレするのが好きなのだが。走るのが好きなのだが。
今は、楽しいトレーニングプログラムもいっぱいだ。
 
大前提、我々は「動物」なのである。
動かない方が、疲れるのだ。
 
腹を据えよう。
なんとか楽しくカラダを動かそう!
ãã¯ã¼ã¯ã¢ã¦ã ã¯ã©ã¹ãç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ