『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母(私)。「凡人だけど叶えるぞ!」日記。タフに行くよ!!

#マラソン 順調に、走り込んでます。燃えてます。

 オフィスも落ち着いている最中(予算だなんだという時期ではない)、順調に1日おきに帰宅ラン及び、週末ラン約20kmづつを実施。

 
座ったら寝てしまうような肉体疲労もなくなり(しつこいですが、アミノバイタル タブレット」のおかげ、大。アミノ酸のチカラはスゴイ)。 

www.dreams-hack.com

 

動物としての本能にかなっているのだろうか。むしろ、カラダの調子がよい。

 
体重はさほど変わらないが、体脂肪は14%に戻った。やっぱり、燃えるんだねー。
 
燃焼スイッチが入っている感じで、中からぽっぽしている感じだ。おかげさまでまだ、半袖で出歩いている。
冷たくなってきた空気がむしろ、気持ち良い。
 
脚づくりが目的なので、痛めないように気をつけながら、脚に負荷をかけている。
 
帰宅ランはかなりのアップダウンなのだが。上り坂の際には、スピードをあげる。山級の坂が6本程度、小さいアップダウンがさらに6本程度。駄目だしで脚に効く、終盤の長い坂が2本の、20km弱のルートだ。
先に高い坂がそびえているが見えているのに、手前でわざわざ、その坂を上るために下っていくルートが何本も。
下って行くときの気持ちを、ご想像いただけるだろうか。
 
鍛えたい今でこそ、この厳しいルートに感謝なのだが、笑。
夏はマジできつかったぞ。マジでやばいと思ったぞ。
 
走り終わったら、フロントランジの歩くバージョン。
 
↓↓↓フロントランジは脚を1歩前に出して腰を落とした後、元に戻るのだが。このままさらに反対側の脚を前に出し、進んでいく。これの良さは、前に蹴り出す時の「足の重心」をしっかり確認できること。けっこうフラフラしちゃうのだが、蹴りだしの足の重心を正しく安定させることが、ケガをしないコツだ。
効くよーーー。最後はもう、腰が落とせない。
夜の暗い中、マンションの駐輪場でフーフーいいながらこんなことやっているオバサンがいるんだからね、そりゃぁ、帰宅してきたお父さんたちはギョッとするよね…。
優雅に夜トレしてるんじゃないからねっ、仕事して、職場から走って帰ってきてるんだぞっ。これから塾から帰ってくる息子の食事を作って、明日の弁当の仕込みをするんだぞーーー!
ããã­ã³ãã©ã³ã¸ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

翌朝は、オフィスの非常階段14階分を、一段飛ばしで、じっくり脚に体重を乗せながら、上がる。5階ごとに顔をゆがめてフーフーする。これも絶対見られたくない醜態なので、休むのは踊り場の影だ。

他、駅などの階段類は、全て駆け上がる。

 

いつもならたいしたことではないのだが、脚に負荷をかけ続けているのでキツイのだーーー。

大学レスリング部の男の子が言っていた。

「筋トレ、限界がきてもう1回やれば筋肉が。さらにもう1回やればメンタルが鍛えられる」

 

おおおおおーーーーー。

私は根性なしなので、すぐに「もう駄目だー」とあきらめ、いっこうに強い負荷はかけられないのだが。

「しつこい」のは、ウリだ。耐えられる負荷の範囲でしつこくやり続ける、笑。

 
調子はよいのだが、さすがに脚には疲労が蓄積されてきた。ここからが粘着質のみせどころだね、焦らず、ちくちく続けて12月のレースに備えよう。
 
オフシーズンは筋トレで下半身づくりに励んだ。
時間の確保がはやり難しかったことと、足指のトラブル(長距離を走り込みを始めたら、後半に足の中・薬指が痛くなるというトラブルに長らく苦しんだ)で、走り込む時間は取れなかったが、ベストは尽くしているといえるだろう。
 
諦めないものだ。
しみじみ。
 
まだ、レースこれからだけどね、笑。