『H家』タフにGO!

旧’『H家』綱渡り日記’。今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。ただの酒飲み不良管理栄養士の私もワークアウトに目覚め、現在体脂肪14%★生涯トライアスリートをめざすライブブログ。元気なノウハウ、まとめます。

#マラソン ありがとう、C3fitアーチサポートショートソックス!  長距離ランの足指の痛み、解決の兆し♪

今年こそはっ!

と、フルマラソンのタイム・サブ3.5(3時間半以内で走る。女性市民ランナー上位3パーセントくらいのタイム)を目指し、タイムコンシャスなシューズを選んでいたのだが。靴下もね。
※シューズはショップで「足」をみてもらって、そのうえでニーズを伝えて選んでもらっているよ。
 
1足は、レース用のつもりで購入した、ソールが薄く、軽ーーーーいタイプ。
足靴一体の感じに感激。
アディダス ジャパン ブースト。
私は、アディダスのブースト(クッション素材)が好き。
着地がナチュラルに感じるからだ。
デザインもカッコイイよね~♪
 
もう1足は、練習用で。かかと着地の走法から、「ミッドフット走法」といって、中足 部から足の裏全体で着地する走り方を促すようにソール設計され、さらにドロップ(シューズの前足部とかかとの部分の高低差)が小さく、トレーニング効果が高いというシューズを選んだ。
超扁平足、開張足、つまりアーチがほぼないわけ。さらに、外反母趾ぎみね。
この「足」でよく走れますね、と、カイロプラクティックの先生から言われるもんね。
本来なら、膝などに痛みくるところなのだが、私は筋トレが趣味なものだがら、そっちは筋肉が守ってくれているわけ。
 
そうするとどうなるのか、というと。
薄いソールで足全体で着地し、そのまま前傾で蹴りだすから、今までよりも指に体重が乗る。
 
そして、外反母趾気味で親指が内側に向いてしまっているから‥
親指が支えきれないので、中指、薬指の方へ倒れる。
こうして、中指、薬指が痛くなるというわけ。
 
気づいたのは、夏に差し掛かる頃、走る距離を伸ばし始めてから。
 
当初は原因なんてわからなかったから、晴天の霹靂。
タイムなんておろか、フルマラソンを走りきれるのか? という感じ。
 
インソールを入れ直し、重心トレーニングを強化し、足裏の筋トレもやってね。
 
↓↓↓タオルギャザリング(タオルを足指でたぐり寄せる)もいいけど。これ、いいよ! バレエ(踊る方)の甲出し、ジャンプ力強化のためのトレーニングツールなんですって!  私も愛用中。
 
でも病院へ行っても、これらの診断ではなく。ネットで検索しても同じやうな例が出てこない。
 
「アーチ崩れ」というキーワードを頼りに、最初に書いたような原因を仮説としたわけ。
 
着眼したのは、靴下。
インソールを入れているから、靴下は好みでよし、と思っていた。
で、調子に乗って、靴下も「1秒でも早く走る」というコピーの薄々、ピタピタのものを選んで履き、より自分の「足」に頼って走るような状況にしていた。
 
足が軽っ軽で、本当に気持ちは上がってたんだけどね‥
 
靴下をアーチをサポートするものに変えてみた。 
そして、オフィスからの帰宅ラン20km。
 
おおおっ。12〜3km過ぎると違和感が出ていたのが、無事、違和感なく走りきれた。
 
走り込み時期の今は、週末もあえて負荷をかけて走っているので、「脚」は軽快ではないが、「足」の解決策の光が見えてホッッッ!
 
さて、私はシューズ選びを間違えたのか?
たぶん、否。
スピードは出るようになっていると思うから。
次のステージへ行くためには、何かを変えて、その変化を乗り越えなければならないのだっ。
と、スポーツ選手の「スランプ」について、スピードスケートの清水宏保さんが言っていた、笑。
 
結局、今年も走量足りず、サブ3.5は遠いが‥
あと2ヶ月、ベストを尽くして楽しもう♪
 
↓↓↓これこれ。土踏まずのアーチサポートのものが多いが、①横アーチ、②外側縦アーチ、③内側立てアーチ(土踏まず)!  全方向サポートしてくれる安心靴下。「テーピング効果」を謳っている。速攻、追加で2足購入。ありがとう!!