『H家』タフにGO!

旧’『H家』綱渡り日記’。今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。ただの酒飲み不良管理栄養士の私もワークアウトに目覚め、現在体脂肪14%★生涯トライアスリートをめざすライブブログ。元気なノウハウ、まとめます。

#マラソン 酷暑だけど。それでも、夏走り込む方がいいかなー。

ラソンは長期で練習を積むので。レースのタイミングがいつであれ、走り込みの時期がどうやっても夏か、冬か、どちらかにあたる。

 
最初の年は冬だった。次は夏(この年は時間が取れず、物理的に夏、走り込めなかった。坂道ダッシュはいっぱいやったけど)。
 
今年の走り込みも、夏。走るぞー!と思いきや、この酷暑。
しかもやっぱりジリジリ時間が取れなくなってきてるんだけど、今年は諦めない!
 
さて。さすがに今年は、太陽のもとでは走らない。
熱中症に細心の注意を払い、会社から走って帰る、夜の「帰宅ラン」が中心。
 
ほんとーに、体力奪われる感が、凄いのよ。
しかし。夏のランはキツくても「修行」とは思わないんだよね。「レーニング」って感じ。
おかげさまで、日中の暑さに耐性ができたのも、収穫。 

www.dreams-hack.com

 

一方、薄曇りでさむーーーい冬のロングランは、「ザ★修行」。今でも、粘膜に染み入ってくる冷たい空気を想像するに、我ながら、よくやった!  グレーの空を見上げて、勇気をもって走りに出ていくあの経験は、大きな自信につながっているけどね。

あんなにがんばったのは、人生、初めてだ。
 
さて、夏・冬の走り込み、どっちを選ぶ? と言われたら。
 
「夏」かなーーー。
冬はメンタルがしんどい。やっぱり、「修行」なんだよなーーー。
夏は解放感が、気持ちの明るさを保たせてくれる。空が高いしね。
冬の雨は「とどめ」だけど、夏の雨は「恵み」だしね、笑。
 
きっと、そもそもカラダが夏は動的仕様で、冬は静的仕様なのだよ。 
 
いやいや、今年もきっちり走りこんだら、「冬がいい」ってなるかもね。
 
改めて。
人さまにご迷惑をかけないように、熱中症にだけは細心の注意を払い、がんばってみよう!

f:id:TheHfamily:20180805092415p:plain