『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母(私)。「凡人だけど叶えるぞ!」日記。タフに行くよ!!

#子育て(思春期) 子どもの成長は、「親の背中」によるものだと、しみじみしみじみ感じるこの頃。

最近はいろいろな分野で、ほんとーーーに、「スーパー」な子ども、青年が多い。

 
その育て方がまた、注目されたりするが。
 
どんなに「スーパー」なおうちのお話を聞いても、真似っこしても、そうはならない。
頭で考えて躾けていることなんて、口うるさいだけなのだよ。
 
親が何を「言っているか」よりも、「やっているか」。親自身の「哲学」しか、影響しないと、確信している。
私自身も、そうだった。
 だから、「スーパー」な少年・青年の親は、やっぱり「スーパー」なのだ‥
 
(私の)母は口うるさくあれこれ言っていたが、母の言葉と態度で、根強く染みついていることは、ただひとつ。
「いつでも離婚できるように、経済力をもっておきなさい」だ。
 
これは一貫していたからね、笑。
 
勉強は教育熱心な親だったため、そこそこできたが。真の知的好奇心じゃないから、高校以降はすっかり凡人だ。
 
それでもおかげさまで、転職はしても、「仕事をしない」いう選択肢は一度もなかったなー。よぎりもしなかったよ。
いいのかどうかはわからないが、迷いはない人生だったね、笑。
こんなはずじゃなかった、という人生でもない。
 
今は、朝から走ったり自転車乗ったりしたいから、むちゃむちゃ専業主婦に憧れるが。
実際、なれないというより、できない。
 
主婦ってコミニケーション能力とか、凄いんだってば。それに家にいるならやっといて、ってことも多いでしょ?
お金にならないことに時間を割くことが、本能的にがまんならない。
それに。ヒトにもよるだろうが、私の周りの「スーパー主婦」たちの奉仕精神は凄いんだって。
心から尊敬をしている。
とてもじゃないが、そのコミニティで、私は生きていけない。
 
さて、我が息子の話。
そんなわけで、たいして知的好奇心は育っておらず。
 
間違えない、私のせいだな。
 
完全にフィジカル重視。バスケットボール選手になりたいというのだからね。
(私も夫も、バスケ歴ナシ。私はエンディランス系(マラソントライアスロン)、夫は格闘技系だ。)
 
(息子の)カラダは凄いよー。太ーい太ももと腕、ぷりぷりの尻には惚れ惚れする。
 
と、褒めるので、また大きくなるのね(^^;;
 
ある意味、私の願いどおりなのだ。「青少年は、食べている間に寝てしまうくらい、カラダを動かすべき! 」という、カラダを動かすことが染みついた姿!
 
とはいえ。
厳しい時代が待っている。 
それに、まだまだ子ども。下手くそながら、ナビゲーションも大切だ。
 
心配もつきないが、ちゃんとごはんを食べていれば、ヒトの道は外れないだろう。
 
あーーー、ちゃんと「働くことは当たり前」って大人に育てられるかなーーー。
 
子育てって、ハラハラ(;_;)
ということで、本日も祈りを込めて、食事づくりを頑張る!

f:id:TheHfamily:20180731211907p:plain