『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母(私)。「凡人だけど叶えるぞ!」日記。タフに行くよ!!

焦らなくても慣れるものだね、疾走状態の気持ちが収まる

モノゴトには、慣れるものだ。

 あれだけ「時間がないーーー」と、悲鳴をあげそうになっていた我が身。やっていることに変わりはないはずなのだが、そんなにいっぱいいっぱいな感じがしなくなってきた。
 
 ポイントは、多々あるやらなければならない、やりたいことの順序を変えたことと、開き直ったことか、笑。
 
 まだ日は浅いが、「酩酊」にさよならし、適量飲酒生活を始めたのも、よいのかな。まだこれで時間が増えたとか、明確な自覚はないが。未自覚なところで、カラダが楽に動いてる、とかね。判断力が冴えてるとかね!
 テキパキやるには、判断力が欠かせない。
 笑、我ながらよく言うわー。
 
↓↓↓適量生活、はじめました 

www.dreams-hack.com

 

 時間に追われ「もぅやだー」と、感じる時間をなくすことにした。

 朝の時間に関わること。弁当他、料理の作り置きを徹することにした。
 
 もともと作り置きに近かったのだが、優先順位が場当たり的だった。
 朝だけでなく、徹して食事関連の優先順位を高くしたら、効率度かなりアップ。
 それだけ、家事の中で比重が高いのね。
 しかも『H家』はみんな時間がずれるからさー。お世話しきれん。
 
 あとは、ちくちくと家事のオペレーションを変えてきたのに慣れてきて、さほど「家事してる感」がなくても、それなりに家事が回るようになっている。
 
 大前提、世の中のたいていの皆さまがやっていることだと思うのだが。私はできなかったのだ。
 
 洗濯物はシャツ・Tシャツは干されたハンガーそのまま、各人の部屋へかけに行く。各々の「行き来カゴ」を設けてそこに振り分け、部屋にお届け。タオルは風呂場でたたみながら棚に戻す。
 どっこらしょ、と座ることなく完了なので、取り込んだ洗濯物が溜まる、ということがなくなった。
 
 部屋内を素足で(スリッパを履かず)歩くようになったので、あらゆるものが足裏の凶器と化したため、頻繁に掃除機をかけるようになった。週末などによっこいしょ、と掃除をすることがなくなった。
 
 床に皮脂がつくので嫌がるご家庭が多いと思うのだが、足裏の機能を保つには、裸足が望ましい。絶対、裸足がいい!
 
 要は全般的に、週末にまとめてやっていたことをバラすことで、週末のルーティンを減らし、両日ジムなりなんなりの予定をこなせるようになったのだ。
 
 バラすことができるようになったのは、仕事のコントロールも徹しているからだ。
 申し訳ないが、よほどでない目の前対応はせず、1週間内にふらさせてもらっている。
 
 私自身がコントロールしている部分に関しては、締め切りを全て前倒し。スケジュールにバッファをもたせている。
 
 会議も整理し、ルーチンはかなり効率化してきた。パフォーマンスにつながることに時間がさけるよう、ワガママしてる。
 
 その方が会社のためにいいでしょ?
 
 といっても。会社って、いろいろと「おつきあい」してくれるヒトが好きだよねー。
 
 会社に捨てられても生きていかなければいけないのだ。「おつきあい」を捨てた以上、覚悟して、爪を研がねばねー。
 
 毎週末、包丁も研いでます、笑。
 
 私の包丁は学生時代からの自慢の、刃渡りが長い総鋼の牛刀と、総鋼のペティナイフ。よーーーく切れる。
※出刃もあったんだけど、引っ越しで無くしてしまった。が、魚くらいならこの牛刀で下ろせちゃう!
 
 シャーシャー研ぐのは、ストレス発散。
 その姿に、『H家』の男たちは恐れている、笑笑。まだまだ負けないゼ。
 ãèµ°ã ç»åãããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ