『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母(私)。「凡人だけど叶えるぞ!」日記。タフに行くよ!!

反抗期と更年期。今のところ比較的穏やかに進む、母子の自立。

「うるせえ、ババア」という決まり文句のから、始まり。最近は時おり、本当にウザそうにしている中2の息子。

 
 あら、始まったかしら(反抗期)? 好きな子にブスって言ってるようなもんねー。こんなもんなら余裕だゼ。
 
 と、思っていたが。
 ウザがる様子がボディブローのように効いてきて、今度は私が、息子をウザくなってきた。
 私も更年期なもんだから、「いつでもご機嫌」じゃないのよねー。
 
 ああ。こうやって親離れ、子離れされていくのね。
 
 ただ、まだ可愛いものだ。
 
 一発を効かせるため、ふだんはあまり細々と口を出さないようにしている。
 が、あまりに見かねた時は、下品にヤクザのように叱る。
 
 こういう時に反発はしてこない。シュンとして、行動を改める。
 また、戻るけど。
 
 そして最近。別に態度を変えたつもりはないのだが。
 私も息子をウザく思うようになったのをまるで察したように、無理していろいろ話しかけてきたり、(無理して話してくるから、大したことない話題すぎて、リアクションに困るのだが‥)こちらの様子を伺うような態度だ。
 
 子どもって、敏感ね。
 
 大丈夫だよ。面倒くさくなったから放っておこうと思っただけで。どんなことがあろうとも、『愛情』は変わらない。
 
 ほんと、たとえどんなに息子が情けなかろうが、勉強しなかろうが、ダメっぷりを発揮しようが、それと『愛情』はまったく別のものだ。
 それを息子の身に沁みこませておきたくて、私なりに『愛情』をさまざま表現しているのだが。
 
 これがウザいのよね。
 
 この愛情表現を見せると、また「うるせえ、ババア」が始まる。安心するのかな。
 ほんとにウザいんだよね、ねっとり笑顔で見つめたりするからさーっ、笑。
 
 息子の言い分は、大違いだろうが。 まあ、いい。
 
我が息子は、アメリカの大学に行ってバスケットボールをしたいのだが。
 
今や私も、 諸々ハードルが高いとはいえ、是非とも行ってほしいと、思っている。
 ダイナミックに、自立させたい。
 環境に後押ししてもらわないと、私が上手に自立させられるとは、とても思えないからだ。 なんやかんやいって、甘やかして育てちゃってるからねー。甘やかさない自信も、ない。
 
  息子よ、私のことを心配する必要は、まるでなし。
 息子が大学生になる頃、私は息子、夫のお世話から卒業したいと思っている。
 毎日ジムに寄り、トライアスロンのクラブチームに入ってあちこちのレースを楽しみたい。オープンウォーター(海でのスイム)の練習がしたくて、海のそばにひっこしちゃうかもね!
 
 それにしてもだ。どれもこれもお金がかかるなーーー。遠いわぁ。
 さまざまな不安をパワーに変えて、がっつり働くぞー!

f:id:TheHfamily:20180623075000p:plain