『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母(私)。「凡人だけど叶えるぞ!」日記。タフに行くよ!!

健康法はさまざまあるが、まずはこれをやりたい。『正しい姿勢』をカラダに覚えさせる習慣!

 朝起きたら必ず。その後は、隙があれば。

 壁を背に、立つ。これだけだ。
 
 かかと、背中、肩、おしり、頭がつくように立つ。
 そして、ポイントは、『腰が壁につくか手のひら1枚分くらいの空き』であることを、確認。
 
 特に女性は、けっこう背中が空いてしまうケースが多い。お腹を凹ませてみたり、グッと上半身を上に引き上げたりして、背中の隙間が手のひら1枚分くらいまで、探る。
 思っているよりも、上半身が縮まっていることが多い。頭の真ん中から、紐でつられているような気持ちで、上にググっと伸ばすとよい。背骨の、骨と骨の間に隙間をつくるようなイメージで!
 
 ざっくりだが、これが正しい姿勢。
 
 頻繁にこうやって壁に立っていると、自分のどこが『一本線』に乗っていないのか、わかる。
頭の重さが股間に抜けるイメージ。立っていて、カラダのどこにも負担がかからず、いっこうに疲れない。

www.dreams-hack.com

  しばらく、ガッチリ『一本線』を感じていた私だが。最近、腰に違和感が。

 『壁チェック』したら、あら。腰が反ってるじゃない。
 
 なぜ? 腹筋は鍛えてるしねぇ。
 腹筋よりも背筋が強い場合、ゆるい腹筋の方が支えられず、出てしまう。
 
 思いいたったのは、オフィスで使っていた骨盤用クッション。背筋が立つのがウリ。デスクワーク中、上半身が縮みむのを防ぐために使っていたのだが。背骨が伸びても、腰が反っちゃってた。
 
 ある意味では『効いて』いたわけだが。
 習慣って、こわい。
 
 骨盤用クッションはやめたが、どうもまだ、戻らない。カラダがおぼえちゃったんだろうねー。平日は8時間以上、座ってるんだもんねー。あー、やだやだ。
 
 アタマの重さを正しく乗せるのが、ふしぶしの痛み予防のキモ!!  
 壁に立つ習慣で、正しい姿勢を手に入れよう!
 

f:id:TheHfamily:20180524200339p:plain