『タフでご機嫌』に過ごせるようになる方法

運動嫌い、酒好き、万年ちょい太、ワンオペ家事・子育てに不満タラタラだったアウトロー管理栄養士が44歳から3年間で激変。『タフでご機嫌』に過ごす肝は「筋力」「体力」でした!脱ダイエット/ご機嫌への道をまとめるブログ。

『これが、私の仕事』。心を治める魔法の言葉で、私はますます生き急いでいる気がする、笑。

 いくつか、「自分で自分の心を治め(おさ)る言葉」をもっている。

 「私ばっかりー」「ばかばかしい」「次から次へともぉーっ」など。家庭で、職場でいろいろあるが。

 
 『これが、私の仕事』と、呟くことで、心が治(おさ)ようになった。
 
 これで(おさ)るようになったのも、『体力、筋力がついたおかげ』だ。
 カラダが強くなったから、労働力のキャパが広がったのだ。
 
 家事は、肉体労働なので問題ない。時間が取られることに、苛立ちを覚えるくらいだ。
 
 仕事は、サラリーマンをしていれば、ばかばかしいと思うことことも多い。与えられたGOALは参考程度。自分のGOALをつくって、自己満足に徹して、取り組んでいる。
 
 が。仕事のストレスはすべて、ランや筋トレのモチベーションとなる。ばかばかしいと思えば思うほど、私のカラダは強くなる。
 
 すると、また労働耐性があがる。メンタルを収めれば、カラダはついてくる。
 
 我ながら、47歳にしてGETした好循環!
 
 しかし。生き急いでいる感、満載、笑。
 太く短く潔く、生きぬくぞー! 
ãå¿ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ