『タフでご機嫌』に過ごせるようになる方法

運動嫌い、酒好き、万年ちょい太、ワンオペ家事・子育てに不満タラタラだったアウトロー管理栄養士が44歳から3年間で激変。『タフでご機嫌』に過ごす肝は「筋力」「体力」でした!脱ダイエット/ご機嫌への道をまとめるブログ。

#息子の身長 190cmをめざす息子の、食事量アップの効果

 中学校に入学し、太れていなかったので、心配していた。他の子たちもそうだが、部活などで活動量が増え、痩せるのだ。「痩せる」ということは、カロリーの収支がマイナスということだ。

 
 今までをみていると、いったん横に大きくなり、縦に伸びている。
 
 「野菜」はもちろん大切なのだが、カサで食事量が妨げられないように注意し、炭水化物量(ごはん!)を増やすに、促している。
 
 週3の塾の帰宅は、21:30過ぎ。
 塾前に炭水化物中心の軽食を用意し、遅い食事は控えようと、塾後はほとんど食べさせていなかったが。お腹が空いているようなら、食べさせるようにした。
 
 うーん。塾の時間帯は、本当に悩ましい。しかし、「塾に行かせない」という勇気がない母である。息子よ、ゴメン。 
 
さて。ようやくウェイトが増えてきたな、と確認できるようになったら、背も伸びたようだ。
 
 計測!
 よし、3ヶ月で2cm伸長。2年生の間に170cmになるには、あと4.7cm。
 この夏でどれだけ伸びるか、かな。
 
 気を抜かず、がんばろう。
 息子は、ちょっと筋トレ過多。アウター(外側の目に見える筋肉)が強すぎる感があり、一方、柔軟性に乏しい。
 このままでは、ケガしっぱなしだ。
 
 自重トレーニングなら身長に響かず、むしろ成長ホルモン分泌を促しよい、という理論を信じているが。
 
 柔軟性! どこまで改善できるかなー。柔軟性はとても大切だ。
 大事なカラダをつくる時期。課題は尽きないが、47歳(ワタシ)が取り組むよりはよっぽど有望だ!
 少年、がんばれ!!
 
 あとはまぁ、やっぱり「のびのびさせる」ことがなにより大切かな、がんばる。笑。
M

f:id:TheHfamily:20180502212153j:plain