『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母(私)。「凡人だけど叶えるぞ!」日記。タフに行くよ!!

しみじみスゴイ、植物性プロテイン『大豆』。タンパク質源は、植物性の比率をあげたい。

  『大豆』は、よく「女性の味方」(イソフラボン)といわれるが、それどころではない。

 間違えなく、「人類の味方」だ。

 

 ・貴重な「植物性プロテイン9種類の必須アミノ酸をバランスよく含み、体内で効率よく利用される

良質な「脂質」を含む。「オレイン酸」「リノール酸」「αリノレン酸」が、相加的に血管を強くし、動脈硬化を予防すると考えられている。

・フラボノイドの仲間イソフラボンが、女性ホルモンと似た働きがある。更年期や、骨粗しょう症によいと言われている。

抗酸化作用があり、老化防止に効果的。

神経伝達物質である「アセチルコリン」の材料である、水溶性ビタミン「コリン」が多い。認知症予防や、脂肪肝を防ぐ効果が期待されている。

・苦み・渋み成分サポニンに、便秘予防効果が期待されている。

・ビタミンB1、葉酸などのビタミンB群、鉄、カルシウム、食物繊維なども豊富。

 

 改めて、すっげー。

 
  H家は、もちろん! かなり『大豆』を消費する。
 「大豆の水煮」、「枝豆(茶豆の冷凍)」、「豆腐」、「大豆もやし」、「豆乳」、「納豆」を、常備。
 息子のおやつは、節分にまくあれ、「乾燥大豆」だ。
 
 まずは、乾燥豆を水煮して、100gづつに分けて冷凍。スープやみそ汁などに入れ、隙あらば、プロテイン量を増量!
(水煮缶でもOK、うちはあっという間になくなってしまうため、乾燥豆から戻している)
 
 枝豆はいつも、冷蔵庫内で解凍されている。そのままや、
 
《塩昆布和え》
塩昆布ひとつかみと、寿司酢をお好み量まぜる。)など、小腹抑えのつまみ用。(NOZOMIさんの大ヒット料理本「つくおき」より。私も活用させていだいています!)

 

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)

つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (美人時間ブック)

 

 

『豆腐』は、そのままを1丁と、『絞り豆腐』1丁が常に冷蔵庫に入っている。
 
 絞り豆腐とは、重石をして水を抜いておくもの。漬物用の容器を使うと、便利。

f:id:TheHfamily:20180413212022j:plain

 
 ちょっとお高めの、しっかりした木綿豆腐でないと、潰れちゃうが。しっかりした木綿を絞ると、食感ずっしり。メインディッシュOK。
 
 《絞り豆腐のカリカリソテー》 私の大事なつまみ&プロテイン補給源。大好き!
 1. たっぷりめのオリーブオイルで、好きな大きさに切った絞り豆腐を、表裏、カリカリに焼く。    
 2. 粉チーズをお好み量振って、しょうゆをジューってかける。
 
★オプション  納豆ソース!
  1. ひき割り納豆を、豆乳かヨーグルトで和える。(1パックに大さじ1くらいかな。好みで)
  2. マスタードをたっぷりめに入れる,
 
 お好みですが、笑。すごいでしょ、いとこコンビ。
 私は、こっちのソースの方を海苔に巻きながら食べ、つまみにすることもある。
 
 
 
 『大豆もやし』は週に2袋、消費。
 塩コショウでの炒め物、ナムル、甘酢和え。
 歯ごたえが好きで、H家のもやしは、『大豆もやし』。大豆がついてるんだぞー、プロテイン増量!
 
 そして、H家は牛乳を常飲しないので。プロテインを溶くのも、スープやポタージュにも、使うのは、『豆乳』。
 
 息子は日に2回プロテインを飲む。頻度高く現れる、残り野菜のポタージュにも。けっこうな消費量だ。
 
 『納豆』は、自分で大豆を買い集めて作るほど(納豆用の大豆、いろいろな種類がある!)の好物だ。自家製は、ちょっと飽きちゃって、最近作っていない。
 大粒、中粒、黒納豆、ひき割りなど、異なる種類を常備している。
 
 日本人で、よかった。
 
 ただし。『大豆』は3大アレルゲンのひとつ。
 『大豆』ばかり、というのは注意だ。 M

f:id:TheHfamily:20180415074950p:plain