『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

夏休み2019。血族総決算?! 来年も、会えますように。①

只今、夏休み満喫中。

 

47歳、いろいろと次のステップを手探り中なので。

今年は正月も夏休みも、長めに休みをとっている。

 

夏休み、今年も香川県の(私の)実家に帰省してきた。

2018年5月。「熱中症になった、しばらく熱が続いている」と言っていた母が、突然。悪性リンパ腫ステージⅣという診断をうけて、入院。血液の状態は相当悪く、癌にはさまざまな「奇跡」があるとはいえ、母の場合はほぼその期待はできない。と、医師は率直に言っていた。

 

とりあえず、そのまま逝かないで。

神さま、もう少しだけ、時間をください。

 

そう祈り、そうであることを願い、夏に会えることを確信して発症の際は帰省せず、いつものように、夏を待った。

それが昨年。

 

 

母は発症時の危機を乗り越え、驚異の体力でもって治療を乗り越え、少なくとも母に「奇跡」はないだろうと言われる中、約1年で寛解(全治とはいえないが、症状が消えている。このまま治る可能性もあるし、再発する場合もある状態)をとげた。 

先生をもって、「奇跡的」と言った。

www.dreams-hack.com

 

いつまでも元気だと思っていた両親なのに。

もうあと、何回会えるかわからないのかな。

 

さて。

我が息子と、妹の息子は同学年。(私たちは二人姉妹だ)。

私と息子と帰省したところで、中2の息子は退屈するので。妹の息子を誘った。

妹夫婦は、愛犬のドックラン目的で軽井沢旅行を予定しているとのことで、私は甥っ子をピックアップして帰省しようと考えていた。

 

妹の長女は男の子と同棲すると言って家出をし、勘当だなんだとトラブルを起こしたいたので、想定外だったのだが。

妹は、その長女に行くかどうか聞いているという。

 

え?! そうなの?!

私はどこまでジジ・ババに事実を話していいの?

知らないふり??

私は姪っ子を諭せばいいの? ただ聞き役になればいいの??

 

ああ、微妙。

 

複雑な思いで予定の調整をしている中、本件で妹夫婦に喧嘩が勃発。

夫は、こんな状況で姪っ子が香川に行くのはおかしい、と反対したとのこと。

 

そーだよね、私もそう思うよ。

 

ということで、姪っ子の帰省はなくなったのだが。

夫婦喧嘩により、妹夫婦の軽井沢旅行の予定もなくなり、結局、妹も帰省することに。妹、甥っ子、私、息子の4人旅。

 

うーーーーーん。

妹たちは名古屋在住。

私は「名古屋事件」と呼んでいるのだが、妹たちは娘の家出をはじめ、そのきっかけとなった(?)ちょっと問題が大きい姑、舅、いやーーー、けっこう状況がえぐいのだよ。

 

妹は本当によくやっている。

さまざまな事件により、ひどい「突発性難聴」になり、先日しばらく入院をしていたものの、まだ「めまい」と「耳鳴り」に苦しんでいる。

 

そんな中でも、いつもで明るい。

その秘訣が、友人も多く、気も強く、ありとあらゆることをしゃべくりまわること。

私の3倍の速さで、その一部始終をあちこちで繰り返し話し、発散しながら明るく元気にがんばっているのだ。

 

こちらは完全に聞き役。

聞いてあげることしかできないのだが、今回の帰省は3泊4日。

 

ずっと、話を聞くのかなぁぁぁ。

どうにもできない話なんだけどなぁぁぁ。

苦手なジャンルの話なんだけどなぁぁぁ。

 

今年は、親孝行のつもりで帰省だ。

がんばろう。

 

帰省ラッシュ真っ只中。

新幹線に乗り遅れないように、乗り間違えないように、チケットを絶対の忘れないように。

 

さまざまな「ドキドキ」を胸に、いざ出発だ。

 

つづく。

ãç¬æ¸å¤§æ© ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は髪も生え、なんともう3度ほど、美容室に行っているというではないか。