『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

当たり前で申し訳ないが、カラダを動かせば6割のヒトの体調は良くなると思う

私は今、肩凝りを感じることもなく、腰や肩が痛いわけでもなく。視力など、寄る「歳」を感じることはもちろんあるが、概ね、人生でいちばんカラダの調子が良い。カラダも軽く、気力もそこそこよ。

 
食事はそれなりに気遣ってきたわけだから(アルコールはちょっと過ぎたが、今はほぼ、適量だ)、調子が良い要因は、間違えなくカラダを動かしていることだ。
 
カラダは、使わないと固く、縮む。
 
身近でも、肩が上がらない、というヒトが結構いるのだが、意識して動かさない限り、日常生活で肩を動かす範囲は、限られている。
 
肩凝りに関していえば、水泳と姿勢の改善で、「さようなら」したね。
 
姿勢の「肝」は、頭の重さをどこで受け止めるか。腹筋で支え、股の間に重さが抜ければ、負担なし。
姿勢改善の「肝」は、腹筋だ。しっかり、腹でカラダを支えることができれば、腰や膝に負担がかからない。
 
腹筋を鍛えると、メンタルも「腹がすわる」気がするよ。 
姿勢が整ってくると、長く座れなくなってくる。カラダを動かしている方が、楽になる。たぶん、本来、それが正しいのだ。カラダを動かすサイクルが回り出す。
 
私は太陽と運動が大嫌いだった。3分でもタクシーに乗っていた。
 
でもね。
カラダを動かす習慣が身につくと、本当に快調になるのだ。
カラダを動かない生活には、戻りたくない。それくらい、調子イイ。
 
私と同じように「運動なんてしないゼ」と思っている方々に、この調子いい感覚をぜひ、お伝えしたい。
 
カラダの調子がいいと、メンタルもタフになるよ!
ããã¼ã ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ