『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

プロテイン、プロテイン! 本能が全開になった朝。

昨日は、週末GIMの第1日め。

 

ラン、目下、右足着地が不安定。

今年はスピードアップを意識して、シューズも「かかと」と「つま先」の高低差が低い、ちょっと上級者向けのシューズにしている。

 

すると、前傾で自力で蹴ってスピードをつくるようになるため、足の指を使うんだね。着地が不安定な右足の中指に、負担がかかるようで。スピードをあげると違和感がでるのだ。

 

慣れるのか、ウィークポイントとなってスピードを上げられないままシーズンが終わるのか、天気同様、戦々恐々と様子を伺っている。 

www.dreams-hack.com

 

という事情なわけで。

まずは1時間、ひたすら右脚、左脚、片脚づつで立ち、何が不安定要素なのかを確認。

左脚で立ったときは、腹筋で支えている。ずーっと左脚だけで立っていられるような安定感がある。

 

右脚は、腹筋に乗り切れず、背中が張っている。

これだね。

 

何度も交互にやりながら、右脚に正しい位置を覚えさせるように取り組んだ。

47年間の積み重ねでできているカラダのゆがみだからね、ちょっとやそっとじゃ変わらないだろうが。

 

さてその後、ビルドアップで1時間半マシーンで走った。

だいぶんもったが、最後のあたりではやはり、右足中指に違和感。

でも、走り切り、疲労抜きでペースを落として走ると一緒に違和感も抜けていく。

 

さて、もう一度右脚・左脚のバランスの確認。

翌日は筋トレDAYなので、メインはそこだが、腹筋の重要性はここでも確認できたので、アブローラーの「立コロ」を3クール入れて、クールダウンとした。

 壁に向かってね。

www.dreams-hack.com

 

帰宅は、21:40頃。

息子はリカバリー食をとらせたい(息子はGIMでバスケットボールをしている)ので、食事を出すが、私は基本的に21時以降は食事はとらないので、カラダ欲する限りのつまみ程度。昨夜は、長芋のカリカリソテーのストックがあったので、それをつまみながら(トレーニング後にプレテインゼリー摂取済み)、息子にベーコンのペペロンチーノとキャベツの塩だれサラダを作った。ペペロンチーノはもっぱら最近の好物で、おかわり。麺にして、300g摂取。

 

今朝。

なんとも疲れて、起きれないではないか。

 

えーーー?! この疲労感、ついに肝臓にきたか?

片脚立ちが、そんなに効いたか??

 

こんなに疲れるほどの、身に覚えがない。

 

ところが。

毎朝の習慣、体組成計に乗ってみると。

なんと! 1kg近く、体重が落ちている。

 

ピーポーピーポー。

ヤバい! 1kg近くも落としてしまった。

(ダイエットしたい世の女性と、ずいぶん感覚が違うでしょ、笑)

 

台所に行き、まずはかけつけ、豆乳2杯。

全粒パンにチーズを乗せてトーストし、納豆2パック分を乗せ、半熟に焼いた目玉焼き1個分を乗せる。

そして、冷蔵庫にストックしてある「レタスのスープ」を冷え冷えのまま、ボウル1杯分。

 

すごいでしょ。これを、手をベタベタにしながら食べるのだよ、笑。

良質プロテインフルラインナップ。これで、アミノ酸価100%。

ギョギョっとするかもしれないが、私にとっては美味しいプロテイン食なのだ。

 

あーーーーー。生き返った。

体重も、ピッタリいつもの体重に戻った。

これでまた、いつもの元気。

 

今やこのように、カラダが欲するプロテイン量が、自分で感じられるようになった。

 

こういうね、体重が一気に1kg近く落ちるのは、よくない。

この1kgは、水分ないし、カラダのタンパク質分を落とす落とし方だから。

 

体重は、徐々に落とさないとね。

 

特にランナーは、走った後の体重減少はほぼ水分だから、大きな減少の場合、水分補給の失敗を意味するのだ。危ない。

 

さ、今日は筋トレ、やるぞー♪♪

 

↓↓↓『H家』は、3人家族で毎週卵3パック(12個入り)購入。一人1日2個食べてるよ。

コレステロールが心配? コレステロールのほとんどは体内で作られているので、代謝に問題がない人であれば、食べ物由来はナーバスになること、ないよ。

最近ではむしろ、血管の強化などよい面も見直されている。ただし、卵、肉ばかりでは、結果コレステロール過多だから注意。魚介、大豆類とバランスよく!

で、『H家』は納豆と組み合わさっちゃうワケ、笑。

f:id:TheHfamily:20180722133559p:plain