『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

「バカなこと」と「努力」の瀬戸際が難しい。

毎日、酷暑が続いている。

 
今年の私のレース(フルマラソン)は12月1週目なので。今が大事な走り込みの時期である。
距離を踏みたい時期である。
 
ジムだと、移動の時間を食われるので、うまく時間がさけても正味2時間走れる程度。走り込み時期は、2.5〜3時間、まずはじっくりと脚づくりをしたい。
 
そして週50kmの走量を確保したい。
練習は走量ではない。といわれるが。月間200kmはサブ3.5をめざす、最低走量の目安のようだ。
 
実際に走ると、そう思う。脚力なくして、心肺機能もへったくれもない。
 
怪我覚悟の強負荷の練習ならともかく。47歳のおばさんは、段階を踏まないと、カラダが耐えられない。ましてや、超扁平&開帳足だ。
 
今や、これでサブ4で走れるのが自慢だぜ。笑。
 
ということで、アップダウン豊富な20km帰宅ランを、週2でやりたいのが本音だ。
週末は筋トレもしたいのでね(^^;
 
(何しに会社に行っているのだ? と自らツッコミ、笑)。
 
この酷暑の中、本当にバカじゃない?!
顰蹙!!
 
と、思われて当然なのだが。
お利口に、条件に縛られた中でだけやっていると、目標を達成できないのも事実だ。
 
数少ない、ラン以外も含めての我が「成功体験」を振り返ると。追われまくってがんばってたり、ガムシャラだったりしてるんだよね。
 
余裕を持って成功した経験はないな。
だいたい、最後はもう自らのコントロール不能なくらい振り乱れてやってたよねぇ。
ダメ元でうまく行っちゃった、という感じ。
 
そのパターンを「成功した」って認識しているだけかも、だが。
 
あくまでも数少ないんだけどね。
 
ということで、この酷暑は悩ましいのだが、すごい訓練になることも間違いなく。
悩ましい限りだ。
 
今週いっぱい酷暑のようだが、ずっと酷暑かもしれない。そうしたら、私の大事な夏は、終わる。
 
今週、トライアルだ。
熱中症の症状がでた際の対策をシュミレーションして。
 
坂がキツイと感じたら、歩く。
気持ち悪くなったら、ストップ。
 
水さえ持っていれば、歩けば頻繁にコンビニがあるので、なんとかなる。
 
前半コースはバスが通っている。
後半コースは電車に乗れる。
 
酷く汗をかいて、たいへん見苦しいのが申し訳ないが。
 
一番過酷なところにチャレンジしておくと、後は楽になるだけだ。
 
このとりわけ過酷な夏こそが、目標達成のチャンスにもなるような気がしてならない、我ながらめでたいメンタルである。
 
あとは、怪我しませんように♪
 
↓↓↓夕暮れがご褒美!

f:id:TheHfamily:20180421074004j:plain