『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

『H家』の、質実剛健「絆」弁当 V ol.9 出ました、それなりの頻度★焼肉弁当!

※食べたものが「血」をつくる→家族で同じものを食べると同じ「血」になる→同じ「血」で『絆』ができる→グレても、不倫しても戻ってくるだろう!(戻ってこなくてもいいんだけど、笑)と、管理栄養士ながら料理が苦手な母が、できる限り効率化しようと頑張る、おしゃれじゃない、質実剛健な弁当ライフの記録。

 

先日、肉を食べるべきか、否かを書いた。

 その舌の根も乾かぬままだが、笑。 

www.dreams-hack.com

  息子は成長期なため、魚介を意識しつつ、肉類も多用ぎみな現状。

※生魚を食べないのよね。アレルギー誘発を避けるため、幼少期に食べさせなかったからかな。鮮度良い、手頃な魚に恵まれないのも難。 
 
 牛肉は、良質なタンパク質と鉄分を狙って! 牛肩ロースの、ベタな! 「エバラ焼肉のたれ」焼き、笑。
 『H家』では、「エバラ焼肉のたれ」は焼肉弁当、それから何故か、カレーの味を整えるのに欠かせない。いわゆる「焼肉」のときはごめんなさい、「叙々苑」のたれ。
 
 牛肉の魅力は、鮮やかな赤い色が示す、鉄分。成長を促すリジンやスレオニンなど、ヒトの体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいる。良質なタンパク質かつ、ビタミンB12(造血作用がある)も含まれているのが、スポーツ愛好家に嬉しいプロテイン
 
 グルメに走らず、謙虚に鉄分が多く脂肪分が少ない、赤身のヒレやもも肉を、本来選びたい。
 
 牛肩ロースは、毎度の「肉のすみよし」だ。200g1パック仕様。失敗したことがない。硬いだ、筋っぽいだの失敗をしたことがない。すき焼きも焼肉もOKよ。100gあたり¥283だからね!!
 

 
 
 併せたのは、毎度の「小松菜のガーリックソテー」と「舞茸のきんぴら」!
 肉の食性は「陽性」だから、「陰性」のきのこと相性がよいのだ。
 
「舞茸」は、手で割いて、ゴマ油(+菜種油)で炒め、「舞茸」3パックに対して酒:みりん:しょうゆ=大さじ2:2:2、粉唐辛子で炒めあげる。
 
 葉っぱ、根っこ、きのこ、海藻など、仲間が違うものが混在していると、バランスが整いやすい。
 
 小松菜は、牛乳と並ぶほどのカルシウム、βカロテンが豊富。同じく含まれているビタミンKとともに骨を強くしたり、高血圧予防にも効果的だ。
βカロテンは、小松菜1束の半分で、1日必要量の2/3を補えるほど!
βカロテンは、ビタミンAが足りなくなるとビタミンAの働きに変わる。そういう意味で、欠かせない。
 
 牛肉200gだと、息子と夫分で終わってしまう。月曜日でつくりおきに余力もないので、冷食の「イカ天つゆ」。衣が多いのが難だが、魚介ということで。
 
 これで、野菜は小松菜2束、舞茸3パック。てんこ盛りにするからおしゃれじゃなくなるんだけど、一人当たりの量はそれなりだ。質実剛健にね。

f:id:TheHfamily:20180702201720p:plainf:id:TheHfamily:20180702201758p:plain

 
 さて。ひとりで夕食をとり、塾やバスケの練習に向かう息子の夕食対策として、750mlのデカい1段弁当箱作戦開始。
 
 スタートの本日は、魚のフライ(白身魚とアジ)、大豆もやしの甘酢和え(いつもあるのよね、笑)、そして明太子ごはんの弁当だ。
 
 炭水化物量の摂取を狙っているので、ライス多め。デカイのよ、このお弁当箱。

f:id:TheHfamily:20180702201923p:plain

 
この作戦がうまくいきますように。
この夏、もう1フェーズ、身長が伸びますように。
小学生で30cm伸びた。中高でもう25cm伸びれば190cmだ! 本命は180cm超えかな(^^;)
 
 いくぞ、息子!!  のびのび育て!