『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

子どもって、正直。愛がない食事は拒まれるzzz

 時間も、たいした技術もセンスもない中、その重要性を認識しているために頑張っている、食事作り。
 
  苦にならなくはなっているが、毎回うきうき楽しくやってるわけでもない。
 
 そんなわけで、つい「美味しく」とか「楽しく」とかではなく、オペレーショナルにただただ食事を出してしまうことがある。
 
 だいたいそんな時。「おいしくない」だの、食べ残しなどになるのだが、こちらも忙しくてオペレーショナルになっているわけだから。カチンと来るわけだ。更年期だしね。
 
 まったく、これ(食事づくり)は大仕事だよ。片手間にできる仕事じゃない、涙。
 カラダは食べたものでつくられる。やっぱり、どう転んでも、食事は大切だ。
 
 週中4日は、夕軽食をとってバスケットボールクラブチームの練習に行ったり、塾に行っている息子。フルタイムで仕事をしている私とは、入れ違いだ。
 このライフスタイルも、どうかと思うよね。
 
 最近、また油断してきて。
 夕軽食を置いておいても、おやつなど、ジャンクフードを優先させて食べており、これでは大事な成長期のカラダ作りに支障をきたす。食事量もおちている。
 
 バスケットボールの選手を目指してるんだゼ。
 
 中学生はまだまだ子どもだ。食事、カラダの基礎づくりは、私の仕事。
 
 「おいしい!」ともりもり食べる食事づくりを、目下、改めて模索中。
 中身もさながら、食事量をもっとアップさせたい。
 
 ぼーーーっとしている間に時間がなくなってしまう朝食と、課題の夕軽食ね。昼の弁当は、いまやガッチリ。(ときどき、トライアルで入れたNEWレシピがはじかれて(食べられずに)戻ってくるが…)

www.dreams-hack.com

 

 併せて、息子本人の自覚も促す。

 マジ、今カラダづくりのゴールデンタイムだ! 
 
 息子よ、一緒にがんばろーゼ。
 
 ああ、本件に没頭したいと願う、今日この頃。

  まだ、改善できるころはあるのか???

www.dreams-hack.com

 

 息子に温かい夕食を食べさせてから、練習だの塾だのに見送りたいが、涙。 
 
 うーーーーん。手遅れ(カラダづくりのゴールデンタイム)にならないようにがんばろう。
 食事づくりは、愛が試されるね。