『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

『H家』の、質実剛健「絆」弁当 Vol.7  良質なタンパク質とうまみをさっぱりと。チキン弁当!

 
※食べたものが「血」をつくる→家族で同じものを食べると同じ「血」になる→同じ「血」で『絆』ができる→グレても、不倫をしても戻ってくるだろう!(戻ってこなくてもいいんだけど、笑) と、管理栄養士ながら料理が苦手な母ができる限り効率化しようと頑張る、おしゃれじゃない、質実剛健な弁当ライフの記録。
 
 弁当ライフなら、朝のストレス軽減には、「つくりおき」がいい。
 
 「つくりおき」と、いえば!
 nozomiさんのレシピ、ずいぶんと使わせていただいている。お弁当にぴったりのラインナップ!
料理が苦手だから、料理本が大好きな私。

www.dreams-hack.com

   まずはメインディッシュ。「鶏もも肉」の冷凍が1枚、「きゅうり」が、1本あったので。nozomiさんの「ゆで鶏きゅうり 」。nozomiさんのレシピは鶏胸肉だが、今回あったのは鶏もも肉。よって、酒を振って「ルクエ」でレンチンにした。

 ※むね肉は、nozomiレシピのように、下処理や調理温度に気を使わないと肉が硬くなるから、注意だ。でも、むね肉の方が低脂肪高タンパク質、燃焼系「カルニチン」多、しかもリーズナブルだからね!  

  鶏肉もいつもの「肉のすみよし」、笑。もも肉は、冬場は鍋にも使うので2kgの冷凍(5枚分)を購入するが、最近は1枚づつ個別に冷凍になっているものを購入している。

それでも、スーパーで買うより安いかな。ご近所のお店によるかも。

 

↓↓↓国産2kgなら¥2080、ブラジル産2kg¥990、タイ産ハーブ爽育鶏2kg¥1550、国産桜姫2kg¥2390(いずれも税込)、いろいろあるよ!

 
 
 野菜は、すっかりH家みんながファンになったnozomiさんの「塩だれ春雨キャベツ 」。レモンの加減がキモだ。
 
 最近はすっかり我が家配合で、キャベツ半分をざく切りにし、それに対して春雨30g(小分けして売られているものの1玉)という、キャベツ多め。
 
 小さいクッキングカッターで、まとめてみじん切り、ジップロックSサイズに薄く延ばして冷凍させているニンニク(H家は、毎日コレを使う。ニンニクは抗ガン食材NO.1といわれている!)を、これまた多めに中華鍋に割りいれ、ごま油多め、バランスをとるために菜種油をブレンドし、弱火にかける。
 ニンニクがいい匂いになってきたら、キャベツ投入。キャベツがしんなりしてきたら、もどして食べやすい大きさに切った春雨を投入。
 
 100mlくらいの水をいれ、我が家は味の素「香味ペースト」を、味見しながら投入して味つけ! (男子は、コレで味つけ失敗なし)。
 最後にチュッとレモン。けっこう味が変わるので、味見しながら。このレシピのキモだ。

 

 「ニンニク」「ショウガ」などの薬味は、本物というか、フレッシュなものをみじん切りにして冷凍させておいて使うと、味が全然ちがう。市販の調味料にも本物? を入れると味がグッと美味しくなるので、おすすめ。

 

↓↓↓性能というより、小さくてキッチンにおきっぱしていても大丈夫なフードプレセッサーが、便利。お値ごろだしね。一応、大きいのも持っている。

 H家では、ミニサイズのフードプロセッサーはほぼ「ニンニク」「ショウガ」のみじん切り用専用になっているが、笑、ソース作りとかもこのサイズは便利。私はあんまりソースとか作らないけど…

パール金属 フードプロセッサー ミニ アレンジ スピーディー C-8201

パール金属 フードプロセッサー ミニ アレンジ スピーディー C-8201

 
山善(YAMAZEN) フードプロセッサー 200g YFA-200(D)

山善(YAMAZEN) フードプロセッサー 200g YFA-200(D)

 

  

 もう1品は、ナス。こちらは毎度の「ニンニク+オリーブオイル」を火にかけ、ニンニクが黄金色になったらナスを投入し、弱火でフタをピッチリと。蒸し煮にすると、水分が出て柔らかくなり、油分が少なくても大丈夫。
 
 最後に青じそを、ハサミで刻みながら投入!
 葉の上部のちょっと残っている茎を持ち、縦に細く切り込みを入れ、今度は下から横に切っていくと、紙吹雪状になる。便利!
 
青じその香り成分は、葉の裏側についているから、そこを触らないように使うといい、と「ためしてガッテン!」で知って以来、こうやってマス。
 
 「ニンニク+オリーブオイル+青じそ」は、しいたけなど、なにかと使う「味つけ」パターンだ。ワインのつまみにもぴったり!
 
 息子はナスが好きではないので、ちょうど1食分残っていた「大豆もやしの甘酢和え」。 
 
 ↓↓↓大きい方が息子、小さいのがH家夫婦(これに、玄米ね)

f:id:TheHfamily:20180614061638p:plainf:id:TheHfamily:20180614061708p:plain