『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

『H家』の、質実剛健「絆」弁当Vol1-鉄たまごで鉄分が多い「ひじき」に戻る! 海の幸弁当!

※食べたものが「血」をつくる→家族で同じものを食べると同じ「血」になる→同じ「血」で『絆』ができる→グレても、不倫をしても戻ってくるだろう!(戻ってこなくてもいいんだけど、笑) と、管理栄養士ながら料理が苦手な母ができる限り効率化しようと頑張る、おしゃれじゃない、質実剛健な弁当ライフの記録。

 

 何度も言っているが。私は管理栄養士であるが、料理が上手ではない。センスがない。もちろん、おしゃれでもない。手も抜きまくっている。

 

 大学1年生のとき、調理実習の授業が嫌で、本当に学校をやめる準備をしたのだ。うそじゃない。1年生のときに落とした単位を、4年生でギリギリ、とったのだ。

 

 そんな私だが、食事の大切さはカラダにしみこんでおり、今や体力があるから料理も苦ではない

 酒呑みだから、美味しいものへの執着は、大きい。

 

 その程度であるが。

 せっかく毎日弁当を作っているので、シェアしたいと思った次第だ。

 なんらか、参考になってもらえたら、幸いだ。

 少なくとも、こんな程度でよいのなら、と、ご自身に自信はもってもらえると思う。

 

 本日は、「海の幸弁当」。エキスが全て、海のものね!

 左(上)が息子、右(下)が夫。私は本日休暇にて、なし。ほぼ、夫=私の弁当だ。

f:id:TheHfamily:20180530172102j:plainf:id:TheHfamily:20180530172121j:plain

 (弁当の)左から、①メインディッシュ(タンパク質)「アジフライ、エビ春巻き」。②中、「ひじき煮」。③右、「水菜のカリカリじゃこサラダ」。 

 ※夫の弁当、春巻きしか見えないが、下にアジフライが1尾分かくれている。

 

 構成は常に「メインディッシュ(タンパク質)」(2)+「野菜料理(ビタミン・ミネラル)」(2)の3品。これに息子は「金芽米」、夫と私は「玄米」だ。

 

 この構成が、ざっくりと栄養バランスを整えられる、目安。

 

 限られた時間なので、手をかけるのは「野菜」と、決めている。

 メインディッシュは、「焼くだけ」「揚げるだけ」「レンチンだけ」が、基本。

 

 ということで、本日の「アジフライ」と「春巻き」は、冷凍のものを揚げただけ。

※レンチンの揚げ物は、どうしても味が落ちるので、同じ冷凍でも素材冷凍タイプを常備し、朝、揚げるようにしている。ただ、どうしても素材よりも「衣」比率は高くなるよね。

 

 「ひじき煮」は、ひじき、大豆の水煮、油揚げ、ニンジンと出汁(水でもOK)と調味量を入れ、フィスラー圧力鍋2.5Lで4分加圧。急冷してふたをあけ、水分をちょうどよいところまで飛ばして完了。10分以内、手をかけることはほぼないから、すっごい、楽

 作るのに、「えいやっ」という、心のハードルがない、笑。

 そうだ、今回残りものの「ちくわ」を発見していれたものの、多すぎた…。

www.dreams-hack.com

  ひじきを戻さなくてよいからね。

 ①ひじきを戻す時間が短縮。②ひじきを戻し、ざるにあげた後の、ざるの目に挟まったひじきを洗う手間が短縮。笑。

 ひじきは洗うのだが、ボウルでざっとあらって、インスタント焼きそばやパスタ同様、なんらかふたをしてちょっとずらして水を捨てればよい。

f:id:TheHfamily:20180530190400j:plainf:id:TheHfamily:20180530190445j:plain

 「ひじき」は。ご存知の方も多いと思うが、鉄なべで茹でていた時代と違い、現在の鉄含有量は低い。「ひじき」=鉄分ではないことに、要注意だ。

 

 鉄分補給には、調理の際、一緒に「鉄たまご」を入れるとよい

 シンプルに、「鉄」から溶出させるのだ。

及源 南部鉄器 ザ・鉄玉子 K25

及源 南部鉄器 ザ・鉄玉子 K25

 
鳥部製作所 鉄分補給 お料理の鉄たまご 鉄の健康鯛

鳥部製作所 鉄分補給 お料理の鉄たまご 鉄の健康鯛

 
南部鉄 ザ・鉄玉子 薄型 昇龍 K-34(1コ入)

南部鉄 ザ・鉄玉子 薄型 昇龍 K-34(1コ入)

 

  フィスラー鍋で愛用するなら、薄型がオススメ。

 「ためしてガッテン」でも、紹介されていた。

www9.nhk.or.jp

 

 鉄の調理器具からは、鉄が溶出する。

 H家は、もっぱら鉄のフライパン、中華鍋を愛用中だ。

 

 食材で言うなら、鉄分を狙って「アサリ」を入れたいところなのだが。残念ながら、息子が嫌がるので、鉄卵で。

※男の子は貧血の心配なし? いやいや、運動をしている子たちは要注意。「ためしてカッテン」のサイトをご参照!

 

 さて。 

「大豆の水煮」は、圧力鍋で茹でた大豆を100gづつ冷凍しているので、手間なし。

 「油揚げ」も、カットして冷凍しているので、手間なし。

f:id:TheHfamily:20180530190558j:plainf:id:TheHfamily:20180530190633j:plain

 最後。水菜は、別の料理での残りもの。切って水切りして、ジップロックで保存していた。

 

 直径18cmのフライパンに、「ごま油+菜種油」多めにじゃこを入れ(じゃこも冷凍で常備ね)、弱火で好みのカリカリ具合まで火を入れる。

 良い加減になったら、水菜にジャーっとかけ、ポン酢を大さじ1~2、味を見ながら加える。よく和える。これでしんなりしたくらいでお弁当に入れても、十分美味しくいただける。

 

 夫の、玄米に乗っかっているのは。自家製「酢昆布煮」ね。H家は、出汁をとるので、鰹節と昆布は大量に残るのだ。こちらは、また、今度。

  

 なにしろ、横浜市は給食がない

 また、週3の塾が、夕食のリズムも崩しがち。

 栄養管理が親一身にかかってくるから、緊張するよね。

 

 では、引き続きがんばります。

 何か、ご参照いただければ、幸いです。