『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

中学2年生の息子が、えらく正しい方向に「発散」しているように思えるこの頃。 

 私は、「性ホルモン」のパワーを、たいへん恐ろしいものだと思っている

 このパワーをいかに健全に発散し、コントロールし、活かしていく術を身に着けるか。これが、思春期の『最重要課題』だと思っている。大真面目に、だ。

 

 さて、我が息子。いっこうに、勉強に興味は示さないが。

バスケットボールの選手になりたくて、我流でとにかく一生懸命練習している。幾度となく、「塾をやめたい、バスケットボールだけしていたい」というのだが。 

www.dreams-hack.com

  とにかく、中学校の間は、塾に行きなさい。高校選びは「バスケットボール」をするにおいても、とても大事になるだろうから。高校に入ったら、バスケットボールを中心にしてもOK。アメリカの大学に行きたいのなら、いわゆる塾(受験対策の)も行かなくて良し。最初からその準備に注力すればいい。ただし、その選択ができるラインの高校へ行かないと、実現できないから、今はとりあえず塾だけは行き、落ちこぼれないように小指一本でいいから、ぶら下がってなさい

 今の塾は、寛容で、とても面倒見がいい塾長。感謝し、とても頼りにしている。戦績(〇〇高校△△名合格!というあれ)重視の塾では、相手にしてもらえないからね。

 

 ホントにこんなことが成立するのかどうかは、なぞだ。

 私は外資の企業なので周りにバイリンガル、留学経験者が多い。

「(アメリカの大学に)4年行くのは、すっごいお金ですよー。普通の家では1年がやっとですね、4年行っているのは私が知る限り、相当な金持ちばかり。ソーホー(ニューヨーク)に住んじゃったりして」と、不動産会社を営む父親を持つ、早稲田大学出身の優秀な後輩にクギをさされた。彼女も、1年…。

 

 うーん。宝くじにすがるか、夫の大ブレイクに期待するか?!(夫は、商業脚本・演出家)。私はしがないサラリーマンだからねぇ。跳ねる余地ナシ。生命保険でだって、まかなえないだろーね。

 

 まぁ、いい。なんとかなる「かも」しれないし、目標が変わる「かも」しれないし。

 人生、いいところに収まっていくものだと、信じている。

 

 塾もなくオフ日の金曜日。夫の携帯に、息子から電話。

 「(キックボクシングの)ジムに行きたいんだけど、行ける?」

 最近、ちょっと夫をうっとおしがっているように見えた息子からの電話に、夫はメロメロだ。「可愛い」を、連発。苦笑。

 

 小学生の頃、通っていた総合格闘技ジムだ。

 

 15時頃、その後のやりとりがH家のライン上で行われていた。19時頃、帰宅途中の電車の中から「(キックボクシング)行ったの?」と問いかけると、「今帰っているところ」。とのこと。

 

 ふぅぅぅぅぅぅーん。

 

 地元の駅から帰宅途中、今度はバスケットボールを持って公園に向かう息子に遭遇。「今からバスケ行ってくる。帰りは21時くらいね」

 

 ほぉぉぉぉぉぉぉ。

 

 翌日。「今日もジム(キックボクシング)、行ってくる。10:30~の。だって、今日ジム(バスケットボールができるほう)行けないんでしょ。」

 

 へぇぇぇぇぇぇぇー。

 すごいわぁ。もてあますエネルギーを、限りなく正しい方向で「発散」しているように思える息子に感嘆。勉強は、しないけどね。

 

 今日は、バスケットボールができるジムへ行く日なのだが。

 先着順のマラソンレースの申し込みが、本日20:00からなのだ。この日のために、最近では滅多に持ち帰らない、会社のパソコンまで持って帰ってきたのだ。パソコン3台並べて、絶対に出場権をゲットする!

 夫も一緒。1年を締めくくる、12月のレースだ。私はサブ3.5(3時間半以内目標。その達成はすこぶる怪しいが…)、夫は2度目の完走目指しての、フルマラソン! 

www.dreams-hack.com

 さて、息子。私の『最重要課題』に対しては、順調な軌道にのったように見えるのだが。

 どうか高校受験も、乗り切れますように。(2年生から、もう内申点の対象になってるんだよね…)

 

↓↓↓スパークリングが楽しいんですって。私も「体験」をやったが、まったくセンスなし。相当ザンネンでした。

ãã­ãã¯ãã¯ã·ã³ã° ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ