『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

VAAMウォーター カロリーゼロってどういうこと?! カロリーゼロは、要注意だ。

 先日、GIMに「プロテイン」を持っていくのを忘れてしまった。

 私は20歳代、ヘビースモーカーだった時期がある。そのときの「ライターを忘れてしまった時の動揺」と同じ動揺っぷりに、我ながら笑ってしまった。

 

 夫が先日、GIMでプロテインウォーターを買って飲み「25gも入ってるよ」と言っていたので、それでいいか、と思っていたのだが。

 ばかたれ。25gじゃない。2.5gだ。

 そりゃ、そうだ。25gがさらさらのウォーターにはならない。

↓↓↓いつも使っているのはコレ。よくまぁ、この量をサラサラ飲めるようにしています。1食分たんぱく質14gだが、18gくらいにはなる量を1回に飲用。クエン酸も入っており、筋トレ、ラン、兼用にしている。ランオンリーのときは、クエン酸主体のものを使用。

ザバス アクアホエイプロテイン100 アセロラ風味【40食分】 840g

ザバス アクアホエイプロテイン100 アセロラ風味【40食分】 840g

 
アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター20本入箱

 

 

 

 筋トレ後用の、10g摂取できるの「プロテインゼリー」は持っていたし、ラン中心の日であったから、「燃焼」を促す「VAAMにすることにした。

 狙いは脂肪燃焼促進による、持久力アップ。疲れにくさ。痩せたくて飲むのとは、ちょっと違う。長距離のレースにでる前、基本的に「VAAM」を摂る。同じ理由で、とても信頼している成分だ。

 

 自販機に「VAAMウォーター」が2種。両方とも「ヴァームのチカラを手軽に体験しながら、運動で渇いたカラダに素早く水分と電解質を補給できるハイポトニック(低浸透圧)設計」。

 1種は、より本格的な運動に、みたいになっていたので、そちらを選択。

 ただ、両方とも「カロリーゼロ」。

 

 なぜ?! 走るにしたって、筋トレするにしたって、適量の「糖分」が必要だ
 走る場合、燃焼し始めるのに「糖」が必要。筋トレは「糖」による「インシュリン」分泌で筋形成が促進される。

 

 ダイエット用ならまだしれず。「本格的な運動に」みたいなことが書いてある方も「カロリーゼロ」とは、あまりに誠実性に欠ける!!

 

 実際、ぜったいグリコーゲン」枯渇。この日、及び、翌朝の疲労感は尋常ではなかった。

 翌日もGIMだったのだが、トレーニング前に「パワージェル」。筋トレ後、スイムの前にもう一度、「パワージェル」。これで回復したから、やっぱりグリコーゲン枯渇だ。 

www.dreams-hack.com

  私が飲んだ商品は、GIM用みたいだ。

 明治のホームページには出ていないし、スポーツ用として販売されている製品はちゃんと糖質が入っている。

 

 あー、びっくり。

 でも、それだけ、消費者が「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」に敏感なのだ。

 

 少なくとも、運動時に適度な「糖分」は必要。

 これは、ぜひ世の中で認知されるべきだ。と、強く感じる今日、このごろ。

 

↓↓↓ VAAMは、持久力を支えてくれる確かな手ごたえがある。予算上、なかなか「スーパー」には手が出ない! 

明治 ヴァーム顆粒 グレープフルーツ味 4g×14袋

明治 ヴァーム顆粒 グレープフルーツ味 4g×14袋

 
明治 スーパーヴァームパウダー パイナップル味 10.5g×12袋

明治 スーパーヴァームパウダー パイナップル味 10.5g×12袋

 

 ãVAAM ãã ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ