『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

腹いせだ。感じ悪いオジサンに、心の中でフィジハラな「暴言」を吐く!

 『腹』のフォルムは、肉体のお手入れ度が、最も現れるのではないか。最も油断ならない、最も継続的な努力が表現される筋群だと思うから。継続的な努力には謙虚さ、デリカシーが必要だ。

 

 一定のトレーニングを継続しないと、すぐに緩み、脂肪を溜めこむ。本能だから、仕方ない。

 ヒトも動物。いざという時のため、(獲物に出合ったら走り続けて捕獲できるように!)、隙あらば、エネルギー源となる脂肪を『腹』に溜めておこうというのが、内臓脂肪の正体。だから逆に、燃えやすい。

 そのあと、「皮下脂肪」が待ってるけどね。

 

 「皮下脂肪」は、手ごわい。でも、燃やす(有酸素運動)&筋トレで結果は出る。私も完璧ではないが、「一生なくならないのではなかろうか」と思っていた「皮下脂肪」が、だいぶん解消した。

 

 さて、本題。ときどき、感じわるーいオジサンに出合う。

 もちろん、オジサンに限らないのだが…

 オジサンって、社会的ポジションがあって上から目線だったり、女性蔑視みたいなものが見え隠れしたり、フィジカルは女性より強いはずなのに、対等に手を出したり、セクハラしたりするヤツがいる。そういうオジサンは、本当に腹立たしい。

 

 私は「筋肉」大好きだが、ヒトの真価は『人柄』、『品格』。そして真の「知性」こそが人柄を作り上げているのだと思っている。だから、「知性」と「勉強ができる」、「仕事ができる」ことは、また、まったく異なるのだ。

 私にはその「知性」が足りないので、真の「知性」へのあこがれが強い。

 

 真の知性を感じるヒトは、『腹』が出ていようが、眉毛が長かろうが、髪が薄かろうが、まったく気にならない。そういう次元ではないのだ。

 

 私もずいぶん、子どもっぽさ満載なのだが。

 いやーなオジサンに出合うと、まず、『腹』に目をやる。いやーなオジサンって、だいたいデリカシーなく、『腹』がでているものだ。

 

 『まずはその腹をなんとかしてから、出直してこい!』

 いやーなオジサンに出合うと、下品でほんと申し訳ないが、心の中でこう言って、スッキリする。腹いせだ。

 

 私は「男好きする」タイプではないので、まったくセクハラの体験はない。(むしろ、セクハラ発言しそうなので、気をつけている。『腹』はセクシャルではないよね? )

 やられたら、やり返すタイプだし。攻撃的になるし。可愛げのないヤツだ。多少のオジサンになら、フィジカルでも負ける気がしないしね。

 

 ただね。セクハラをするようなオジサンは、ちゃんと相手をみている。本当に嫌がる、それを言えないような女性に鼻が効く。それが本当に腹立たしい。

 

 私に「ME TOO」がくることはなさそうだが、女性のミカタだ。

 

 ただ。うちは「息子」である。電車では両手をあげるよう、誤解されないよう。また、セクハラ含めた女性との接し方などは都度、注意している。

 

 昨今、これだけセクハラがニュースになっているので。ある意味、今の子どもたちは、今のオジサンたちのように、醜い事態になることはないであろう。

 

 概ねのオジサマ方は、もちろん問題ない。全能感もっちゃったオジサンたちの生態が酷いよねー。

 

 あとは、DVか。オトコは女性よりフィジカル強いんだからさ、まったく。という感じ。

 真の強さを身に着けて、守りに徹してほしい。小さいほどに、ぴーぴーとこざかしいものだ。息子には、いざというときにワンッという、腹が据わったヒトになってほしいなー。もちろん、『腹』はおさめてね。

 

 真の「強さ」と「知性」をめざして、今日もがんばるっ。

こんな腹いせしている程度だから、ちょっと、遠いよねー。

 

↓↓↓かっこいー♪ ここ、めざしてます

f:id:TheHfamily:20180503090321p:plain