『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

中学2年生の息子、これが反抗期? ホント?!

「うるせえ、ババア」「シネ、ババア」。

 息子に何を言っても、最初の返事はコレなんだけど。

 好きな子に「ブス」とかいろいろ言ってしまう、アレだと思っていたので。愛情表現だと思い、まったく気にしていなかった

 

 「『シネ』、はさぁ。万一、ほんとに交通事故とか、突然死で死んじゃった時に後悔するだろうから、言うのをやめた方がいいよー」(私の突然死は、けっこう冗談じゃないのだ)

 「外ではこういう言い方、やめなよね。客観的に聞くと、親にそういうこと言ってるの、すごーい感じ悪くて周囲のヒトをイラっとさせるからさ」とか、のんきに言っていた。

 

 会社で、ちょっと年上の男性の先輩が、「どう? 息子はそろそろ反抗期?」と尋ねてくれたので。「私をうざそうにはしていますねー。’うるせえ、ババア’とか、言ってますよぉ。」と回答したら。「オレもそうだった。反抗期だね」、と。

 

 え?!これが反抗期??

 

 「これが反抗期ですか? 反抗期ってこんなもんですか??」

 「うん、こんなもん。自然におさまるよ」

 

 ほんとー??? こんなもんなら、痛くもかゆくもないぜ。

 息子は格闘技経験者だし、筋肉もムキムキだから。反抗期に向けては対抗策として、「ぬんちゃく」でも振り回せるようになっておかなければならない、と思っていた。

 マジで調べたのだが、「ぬんちゃく」もまた、ちくちくと地道にテクニックを鍛錬しないといけないから、「時間がないなー」と、半ばあきらめ、どうしようか考えているところであった。

※これを機に、「ブルースリー」のスゴさ、カッコ良さに目覚めてしまった。

 

 中学生の間は、『コト質(じち)』があるので、アドバンテージはこちら側だと思っている。

 『コト質(じち)』とは、中学生の息子が「ジム」へ行くためには、親同伴でなければならない、ということ。

 息子は「ミラクルバスケバカ」なので、週末はどうしても、バスケのゴールがあるジムへ行きたいのだ。


 この『コト質(じち)』と、『もう、世話をしない。勝手に自分でやれ』が、私の武器だ。

 

 私は47歳だが。今でも、こまごま、いちいち、「わかっている」と思っていることを言われるのは嫌いだ。だから、息子に対しても7割のこまごましたことは、『自己責任』ということで、私から言うのを抑えている。

 それでも、「さすがに、これは堪忍ならん」という時には。

 

 まず、中身が空なのを確認してから、腹いせにリビングのゴミ箱を蹴り飛ばし(皮製だから柔軟だ)、ヤクザのようなもの言いで叱り飛ばし(下品だ)、以後は、「無視」。声をかけられても返事をしない。世話もしない。

 むちゃむちゃ子供っぽいが、「押す」より、「引く」方が効く。

※私は、計算してやっているつもりなのだが。息子と夫からは「更年期だから仕方ない」と言われてしまう…

 

 「もうお世話しないから。自分のことは自分でやれよ」「食事も自分で作れよ」。

 こう言うと。

 

 「ごめんなさい、お世話してください」と謝りにくる。まだまだ、可愛い。

 と、気が緩んでしまうのだが。いかん、いまだもって、夫とのやりとりもこんなもんだ。つまり、ずっとこのままか? 「自立」の方が心配か??

 

『甘やかしてしまう』ことと、『子どもを「個」と認められず、反抗させてしまう』ことと、『子どもを反抗的にさせてでも、言わなければならない、しなければならない』ことと。

 

 いつも、よくわからない。

 

 でも、こうやって書いてみると。私はかなり、甘やかしているクチかなー。

 

「子育て」については、いつも確信をもてないが。

 

 オトナになって「自分探し」をしないよう、学生のうちに好きなようにさせ、いろいろ失敗した方がいいと、思っている。

 

「愛」のDNA を持たせたいたせたいと思っている。

 

 自分で稼げるチカラを身に着けることが必要だという価値観を、身に沁みさせたいと思っている。学歴にはこだわっていないし、勉強=稼ぐではないが、「勉強する」ということが、少なからずそのためのリスクヘッジになるという価値観も、しつこく伝えていきたい。

 

  息子に対して執着心をもたないこと。私自身も私の人生をもって、家族が「個」の集合体でいること

 

 これが、私のめざすH家の在り方だ!

 

 ということで。息子の重荷にならないように。本日もこれからジムでがっつり筋トレ予定の、私。

 あ、仕事も頑張らなくちゃねー。 

息子は、アメリカの大学に入学してバスケットボールをするのが、目標なのだ¥¥

ããã¹ã±ãããã¼ã« ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ