『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

こりゃあ、スゴイ。買ってよかった『フィスラー圧力鍋』!

 H家の圧力鍋は、3代目。「玄米」を炊くので、必須である。

 
 1代目は、あればよし。と、価格重視。
 2代目は、「ティファール」。名前を知ってるし、そこそこのお値段だったから。
 さて、2代目に圧がかからなくなってきた。欲しかったのは、「フィスラー」。
 調理器具、皿一枚まで選び抜いたものを使っていた、かつて通ったことがある「マクロビオティック教室」で使っていたのが、「フィスラー」だ。
 「マクロビオティック」は、玄米が命。おそらく、玄米をもっとも美味しく炊ける鍋なのに違いない。
 
 しかし。お高いのよね。しばらく悩んだのだが、「えいっ」、買ってみた。
 
 結論。買って、正解。全然、違う。
 
 圧力鍋は、米、しかも「玄米」を炊くときしか使っていなかった。
 肉だの、野菜だのは、食材の旨みが、スープの方へ出てしまい、本体の美味しさが抜けてしまうように感じていた。
 白米はもちもちしすぎてしまうので、ビタクラフトで「はじめチョロチョロなかパッパ」で、せっせと炊いていた。
 
 あ、H家には、炊飯器がない。そして、大人は「玄米」、息子は「金芽米なので、どっちもせっせと鍋で炊くのだ。
 
 ところが。フィスラー圧力鍋は、旨みを食材に閉じ込める。「玄米」も、「金芽米」も、すごく美味しくなった。
 圧がかかるまで強火にかけたら、あとは弱火にして「玄米」なら20分、「白米」なら3分!! 浸水なし!!!
 
 まだ野菜しかやっていないが、野菜も、ひじきも、しっかり旨みを閉じ込める。あ、ひじきも浸水なしね。
 おかげで、ふろふき大根に開眼。こんなに美味しかったのねー! 冬場の間は、常に冷蔵庫の中にストック。鶏みそでよなよな楽しんだ。ローカロリーだしね、安心!  
 
 鍋に一緒についていたレシピの冊子が、これがまた、クォリティが高い。どれも美味しいのだよ。
 
 さすがに、汎用タイプのものを購入したが、さらにグレードが高いシリーズもあるようだ。
 
 料理が苦手だからこそ、ツールにこだわってしまう私である。

 

↓↓↓H家は、2.5Lセットを購入。どちらも圧力鍋として使える。でも、4.5Lでほぼまかなえちゃうから、単品でもいいかも。

 

Fissler コンフォート 圧力鍋 4.5L 612-302-04-073

Fissler コンフォート 圧力鍋 4.5L 612-302-04-073

 

 ※追記。2.5Lは、ご飯2合炊きにちょうどよかった(3合はちょっと多いみたい)。大人は玄米、息子は白米をともに圧力鍋で炊くので、2つは重宝。また、ちょこっと食べたい炊き込みご飯などにちょうどよい!