『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

薬草級の栄養★『韮』(ニラ)。初夏だー!「つまみ」には、お浸し・卵の黄身乗せね。

『韮』の価格が落ちてきたよしよし、初夏の匂い」がしてきたよ!

 

  実は、春」が最も香り高く、葉がやわらかく美味しい、と言われる『韮』。「旬」は12月~3月なのですって。
 
 夏に安く、貴重な葉野菜として、「買いまくれる」ものだから、私の『韮』のイメージは、むしろ「夏」だった。
 ということで、私にとって『韮』は、「初夏の匂い」なのだ。
 
  H家は、季節外れの食べ物は、基本的に購入しない。高いうえに、ショボショボしているからだ。
 と、思っていたのだが、12月~3月が「旬」なら、高くても?! 今度ぜひ、試してみよう。
 夏に安くなるのは、2回目以降の刈り取りだから? 韮は、同じ株から3度くらい、採れるらしい。そして、その株が冬を越すのだそうだ。冬を越す? 「旬」は12月~3月? 冬っていつ??? という素朴な疑問。
 あるいは、スーパーの事情?(「豆腐」や「もやし」のようにフック商品になっているとか…)、
 
 以後、調査します。
 
 さて。『韮』は古事記」や「万葉集」にも記載があるくらい古く、薬草として利用されてきたらしい。確かに「スタミナ」のイメージはある。
 カロテン、ビタミンB2、C、カルシウム、カリウムなどを豊富に含む、緑黄色野菜
 特有の強い香り「アリシン(硫化アリル)は、ビタミンB1の吸収率をアップし、糖分の分解を促進するので、ビタミンB群の豊富なレバーや、豚肉との相性ばバツグン
 うん、そのとおり。
 また、「温性野菜」で血行を良くしてカラダを温め、胃腸の働きを助けるので、風邪の予防や病後の回復にも効果あり、とのこと。
 代謝の悪いヒトや、虚弱体質のヒト、また二日酔いのヒトには、『韮』の味噌汁が効くとのこと! 
 
 効能成分「アリシン」は、根本に多い。葉先の約4倍だそうだ。
 きれいにあらって、極力根元まで食べるのがおすすめ。
 
 さて。『韮』を食べたくても、細い1束が¥250くらいしている頃には、とても買う気にはならなかった。(今は、「旬」の時期なら、試すこと、請け合い。)
 
 かつて、近所のスーパーではふっさふさの2束で¥100とかの頃もあったが。
 
 今期初、ふっさふさで1束¥70に出会った。買い! 2束!!
 
 ごま油で炒めて塩を振り「納豆」の薬味や、卵に混ぜて韮卵焼き、ナムル、「H家特製焼きそば」の具、ニラタマ、ニラタマ+豚肉、おひたし! 卵の黄身を乗せると、ミラクル美味しい♪ 胡麻和えや、味噌汁も見逃せないね。
 
 「ツウ」は、高くても真の「旬」を楽しみ、庶民はスーパーのフックのシーズンを「旬」と思ってたってか? 
 
 まあ、よい。
『韮』の「旬」の調査を宿題にしながら、とりあえず。
今年も夏の『韮』を楽しむぞー!
 ãé® ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

↓↓↓情報ソース 

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)