『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

冬の朝のポタージュ祭り。大根の旨み、みつけた!

 今年の冬は、野菜の高騰を心配し。香川県在住の母が、毎週末、野菜を送ってくれた。

 柑橘類も含めて!

www.dreams-hack.com

 おかげさまで、いつになく、野菜に恵まれた冬となった。

 
 葉付き大根、里芋、人参(香川のニンジンは、「金時」はもちろんなのだが、ふつうの人参も美味しいので、大好きだ)、蕪、葱、春菊、しいたけ、サニーレタス、グリーンボール、サラダ菜、ロメインレタス、キャベツ、ブロッコリー
 
 毎週、大きなダンボール1〜2個くるからね。ブロッコリーは息子の好物だと知っているので、一度に5株! とか、くる。大根も2〜3本ね。チシャ類(レタス類)も3〜4玉。
 
 こうなると、毎日、野菜の「鮮度」との戦いだ。
 今年は寒かったから、玄関のポーチが第2の冷蔵庫となって、たいへん助かった!
 
 H家は、毎朝、必ずスープがつくのだが。このような事情から、いつになく、ポタージュをよーく作った。
※これで、ジューサーの「もと」も取れたというものだ。
 
 ブロッコリーの芯や、キャベツの芯&外葉×玉ねぎ は、まぁふだんから、貯まったらよくやる。今回はブロッコリーがふんだんにだから、花蕾も入った♪
 王道の人参×玉ねぎ、、やってみた蕪×葱カリフラワー×玉ねぎ、とりわけて、今年の発見は、大根×玉ねぎの美味しさだ。
 
 クックパッドで、大根の「大量消費」でみて、へぇ〜、と思って作ってみた。
※自分で気づかないあたりが、センスのなさなんだよねー。
 
 旨みが想定外、というか、他と共通しておらず、ひさびさに「新鮮な味覚」だった。
 
 ポタージュは、素材とかぶるくらいの水、コンソメを入れてフタをし、沸騰したら、火を弱めて20分くらい煮る。(H家はビタクラフト鍋なので、こういうことが得意。)
 
 火を止めて、粗熱がとれたらジューサーにかける。
 
 鍋に戻し、そのままでもよし、H家は豆乳だが、牛乳でも、生クリーム! でも、相性がよい。
※大根は、「豆乳」と相性がよいように感じた。
 
 沸騰させると分離するので、そーっと温める。
 
 野菜をオリーブオイルで炒めて煮ると、甘みとコクが出る。あとからオリーブオイルを垂らしても美味しい。
 
 甘みは、玉ねぎの量で調整する。たくさん入れると、甘くなる。玉ねぎを葱にすると、大人っぽい味になる。
 
 今年は毎日、一人1/2本くらい大根を食べたね。
 大根に発見! の、冬でした。
 
 感謝。M

f:id:TheHfamily:20180417204437j:plain