『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

太らない「つまみ」-春だ!疲労回復・やる気アップの『たけのこソテー』

 『たけのこ』は、アミノ酸バランスがよく、疲労回復に効果的。食物繊維(不溶性)が豊富だから、便秘対策にもなる」という、食材。
 「低カロリーで、カリウムも多く、茹でても減りにくい。よって、血圧を下げるのを手助けしてくれる」。
 さらに、茹でたけのこに見られる「白い粉」は、神経伝達物質に関わるチロシンというアミノ酸。あの!『筋トレ』のときに放出される、快楽ホルモンドーパミン」の材料になる。「やる気アップ」が、期待できるとのこと。
 

 なんといったって、『生』から茹でるのと、「水煮」で買ってくるのとでは、味の差が、段違い。

 
 
  とりわけ好きなものだから、料理が苦手な私も、「多少の」手間はいとわない。
  「食感」がいいよねぇ。「旨み」も、でしゃばりすぎていなくて、いい。思いっきり、春を感じられるのも、イケてる。『鮮度・命』の『たけのこ』こそ、本当に、この時期しか食べられないから。
 
 この時期。手頃だな、と思う価格の『たけのこ』があれば、「えいっ」と、購入する。
 やっぱり、ちょっと勢いがいるんだよね。下処理前に、酔っ払って寝ちゃうかも、とか。
 
 鮮度命だから、下部の「切り口」が変色してなく、みずみずしく、白いものがいいとのこと。また、黒い斑点がないものがいいらしい。
 
  今年はあったー! あまりに高くて、手が届かない年も、多い。
 
  ワイン党の私は、バターでソテーし、ジュワーっと醤油で味付けするのが、好き。
 黒胡椒ももちろんよいが、「木の芽」があるとサイコー。

f:id:TheHfamily:20180410203759j:plain

 『たけのこ』は、「古事記」にも記述があり、古くから食べられていたとのこと。

 誰が存在を見つけて、食べ方を見出したのか。本当に、すごいわー。M

 

出典

「野菜の便利帳」坂木利隆監修((株)高橋書店)シリーズ累計150万部突破! 日本図書館協会選定図書ですって!  見ているだけで、楽しい♪

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)

からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)

 

  「食材辞典」廣田孝子監修((株)学研プラス)より。 

 

最新決定版  食材事典: 栄養がわかる 体によく効く (学研実用BEST)

最新決定版 食材事典: 栄養がわかる 体によく効く (学研実用BEST)