『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

『太らない』ライフスタイル ★食事時間のコントロールで確実に痩せる

『太らない』食事のコツは、21時以降に食べないこと。

 いろいろ体験した中で、最も手応えがある。
 
 今も、ウェイトを落とす時は、この方法だ。21時を過ぎて何か食べたい時は、野菜中心のスープ。 これなら響かないのも、確認済み。
 
  これは、『時間栄養学』理論。

 今、サーカディアン(概日)リズム (※1)の研究が進んでいて、「時間栄養学」「時間運動学」「時間薬理学」など。いつやると効果的か、効果的でないか。など、次々に有益な情報が出ている。

(※1) ヒトの体内時計は24時間以上。朝太陽の光でリセットされて24時間にあわせている、という、あの理論。

 サーカディアン(概日)リズムをつかさどる「時計遺伝子」の1種に「BMAL1(ビーマルワン)」という、たんぱく質の1種があるらしい。

 これは、カラダに脂肪を溜め、分解しないようにする働きをするそうなのだが、この「BMAL1」が、20時以降カラダの中で徐々に増え、21時以降高止まり。 

 つまり、21時以降は、食べたものがどんどん脂肪になり、その脂肪が分解しないように守られてしまう。

 ちなみに、「BMAL1」は、明け方から徐々にさがってくる。

 

 それを知り、21時以降食べないように実践してみたところ、効果てきめん』だった、というわけ。

 ちなみに、骨は夜合成されるから、カルシウムは夜摂った方がいいんですって。

 
 失敗しないコツは、その後、遅くまで起きていないこと。
 
 私の場合、アルコールは制限しないので。アルコールで食欲が増進し、スープ以外に手を出さないことが、失敗しないコツ。
 
 常備している『ナッツ』とかね、笑。
 
  1kg増えたくらいで、1kg落とす。という、こまめな調整』 がおすすめ。短期間で戻せるし。
 
 ウェイトを落とす=「ダイエット」は、長々とやらない方がいい。
 
 併せて、少しずつ。自分なりの『太らない』ライフスタイルを、構築していかなければならない
 
 なぜならば。
 ダイエットが終わったら、また太るから。そして、万年ダイエッターになってしまうから。
 万年ダイエッターは、恐らく、永遠に成功しない。
 
カラダが軽いと、心も軽い。
ダイエットを制して、自由を手にいれよう!
 
 でも。 健康が維持できているなら『ダイエットなんてしない』。というのだって、全然アリだよね。
 「やる」ならやる、「やらない」なら、やめよう!
 ストレスになるからね、笑!