『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

中学2年★息子の体調『超低空飛行』。思春期に、緊張感。③

 2か月超の、息子の体調不良。とりわけ、長く引っ張っている『頭痛』。
 呼吸器内科→耳鼻科→眼科まで潰し、フィジカル(肉体)の問題は、あたりがついた。
 
 喘息をもっているおかげで、長々とつづく鼻水、痰スマホばかり見ているためになっている、『仮性近視』これらにより、頭まわりがスッキリしないため、気を紛らわすことができない『学校の授業』などで、より、具合が悪くなる。
 
 そんなところではないか。
 
 今回の、耳鼻科治療の強化、眼科治療で、症状が改善すれば、大丈夫か。
 改善しないようなら、更年期の反対、思春期のホルモンバランスの乱れによる自律神経、友だち、学校生活、部活など、環境を疑わなければならない。
 
 まだ、予断はならない。
 
 10:30、職場で携帯電話がなった。
 授業が始った早々、息子が保健室に連れていかれたとのこと。めまい』だという。
 めまい?! 
 
 もう一つ、頭痛が引かないのなら、行こうと決めていたところがある。「脳神経外科」。
 
 早々に退社して、息子に駅まで出てくるよう、連絡。まさか、脳に症状があるとは思っていないが、自律神経かと思っていたら‥という、手抜かりがあってはならない。
 
 過保護だが、笑、やり尽くして、気持ちに決着をつけなければならない。
 
 「どこが痛い?」
 はっきりしない。
 
「どう痛い? ズキズキとか、キリキリとか、重いとか」
こちらもはっきりしない。
 
 先生のお話を伺っていると、問題がある場合は部位がはっきりしていたり、痛みが明確なようだ。特徴的な、頭痛持ちの兆候もなさそうだった。
 
「心配でしょうから、MR Iとっておきましょうか」
 
 いいなー。私こそ、脳ドックにかかりたい、と深刻に思っているのだが。5万円はするからね。
 
 これで決着がつくだろう。
 
 結果。やはり、問題はなかった。副鼻腔に炎症がみられるのは、MR Iでも確認された。
 もちろん、萎縮や白斑などもなく。
 いいなー、むしろ、私が非常に心配だ‥
 
 帰り道。
 「もう、大丈夫だよ。カラダは問題ないから、これ以上、調子が悪いと思うと、本当に病気になっちゃうからさ。めまいはたぶん、強くしたアレルギー薬が効きすぎたんだと思う。本当に病気にならないように、気分を切り替えようね
 
 翌日から、頭が痛いとは言わなくなった。学校も、早退することなく。
 
 しかし、今度は‥
 「膝がいたい。オスグッドかも‥」
 
 いい加減にしてくれー。
 ま、この子は大病するタイプじゃなさそうね。
 ちなみに、「スポーツ整形」も行きました。プレオスグッド(じゃっかん傾向がみられるが、診断にはいたらない)。安静にね、笑。
 
 おわり
M