『H家』の綱渡り日記_母(私)は体脂肪14%★筋トレ大好きフェミニストの管理栄養士

『H家』の夢見る人生綱渡り日記

今も役者になりたい夫。バスケ選手になりたい息子。生涯トライアスリートをめざす母の私。才能もお金も人格も普通な『H家』3人が、夢見てギリギリがんばっている日記。

更年期 実況中継 47歳。もう終わり?!

 女性の閉経は、平均50歳前後。閉経前後の5年を合わせた、およそ10年間、つまり45~55歳あたりが、『更年期』

  
 私は5年間ほど、仕事で『更年期』の勉強をしたので(資格をとったり、学会にでたり、啓発活動に参加したりしていた)、更年期には、けっこう詳しい。
 
 さて、47歳の私。怒ってると「更年期だ!」と、家族に言われるのを、「からかわれている」と思っていたが。いやいや、本当に『更年期』なのだ。
 
 閉経には、個人差が大きい。平均が、50歳。
 
 でもねーーー。もう終わるか?!
 
 確かにこの2年間くらいの月経は、経血が多い日が2日ほどあり、全体的には量が減っているのを自覚していた。
 
 ところがだ。
 先月は、その「多い」日がなかった。そしてなんと、今月は、ほとんど経血量がないではないか。
 
 えーーー? もう終わり??
 
 別に困ることはないのだが、思ったよりも早い展開に、むちゃむちゃ『更年期』を実感してきた。
 
 実際は、経血が少なくなったり、多くなったり、不順を繰り返しながら終わるらしいから、まだすっきり「終わり」とは、いかないだろうが。
 
 さて、実況① 現状報告
 
 更年期にはさまざまな症状が現れるが、その度合いをチェックできる「簡略更年期指数(SMI:Simplefied Menopausal Index)というものがある。
 
10の設問、全て「強」「中」「弱」「無」で回答し、回答に該当する点数で判断するものだ。
 
①顔がほてる→「無」
②汗をかきやすい→「無」※動けば、汗をかくが。
③腰や手足が冷えやすい→「無」
④息切れ、動悸がする→「弱」。動悸。呑みすぎのせいかどうかは、わからない。いつもではない。
⑤寝つきが悪い、眠りが浅い→「無」
⑥怒りやすく、イライラする→自覚としては、「無」。もちろん、怒るけど。
⑦くよくよしたり、憂鬱になる→「無」
⑧頭痛、めまい、吐き気がよくある→「無」
⑨疲れやすい→「無」
⑩肩こり、腰痛、手足の痛みがある→「無」
 
0~25点が「異常なし」で、私は、4点だ。
 
 ホットフラッシュ(体温コントロールが不安定になり、急に暑くなって汗が吹き出したりする)、なし。 暑がりだけど。
 
メンタル、なし。むしろ非常にばさばさ、割り切れる。忍耐力とついたと感じている。
 
 テストステロン(男性ホルモン)の比率の方が高まったか?
 
 閉経を境に、血圧、血糖、尿酸などの値が上がってくる。これは、体質もある。妊娠中に上がった数値があれば、それが上がることが多い。 家族の数値も、参考になる。
 
 私は、血圧は高くなってきた。父、母ともに高い。ただ、アルコール抜くと下がるからね。これから、もっと本格的に上がってくるかもしれない。
 下手に運動してるから、大真面目に、突然死に気をつけなければならない
 
 髪も薄くなってくるのだが、私はもとが多いから、まだ量は気にならない。抜け毛も、まだそれほど気にならない。
 
 女性ホルモンは、いろいろとカラダを守ってくれていたものだから、これから、長期に渡ってその恩恵をうけられず、さまざまな不調と共存していかなければならない。
 
 急に化粧品が合わなくなった、など皮膚にきたり、リュウマチ様の症状がでたり、さまざまだ。
 
 この時期の、はっきりしない不調は、『婦人科』を並行して受診した方がいい。 そう、学んだ。
 ちなみに、男性は『泌尿器科だそうだ。
 
 なにしろ、生殖能力がなくなった雌が、その後長生きする生物はないのだか、ほぼないのだか。
 
 そんな話を聞いて、ほぉぉぉー、と思った記憶がある。ヒトだって、戦前までは閉経ギリギリまで子供を産み、その後、今ほどは長生きしていなかったのだから。
 
 女性ホルモンは、素晴らしいさまざまなチカラでカラダを守ってくれている。
 ただし、逆に閉経が遅くなると、今度は女性ホルモンに曝(さら)されることでリスクが高まる病気に罹りやすくなる。乳がん、子宮がんなど。
 
 今は初潮(月経のはじまり)が、早まっていたり、食生活が変わったり、女性ホルモンとカラダのバランスも変わってきている。
 ホルモンの知識をもって、カラダをウォッチすることが、欠かせない。
 
 いやー。そんなこんな、いわゆる『更年期障害の自覚は感じないが。
 まさかの、『47歳早々で(だって、先月が誕生日だ)終わっちゃうの?』という事態。
 
 そうそう、閉経間近は、ひょこっと子供ができたりするらしいもちろん、そういう行為があれば、だが。
 
 息子は弟を欲しがってたっけ。
 一応、聞いてみるか?
 いや、息子は思春期真っ只中。余計なことはやめておこう。  M
 
↓↓↓更年期のことを、「メノポーズ」といい、実は「メノポーズデー」というのがある。女性が社会進出した今、世界的に女性の「更年期」が、大切な課題なのだ。