『H家』の綱渡り日記_母はおしゃれじゃなくて体脂肪14%★マッチョな管理栄養士

「筋トレ」と「ごはん」に解決策を求める『H家』の人生綱渡り日記_母は体脂肪14%★マッチョな「管理栄養士」

人生、渡りきれるのか。「自由×楽観的」志向の親子3人が『筋トレと、ちゃんとごはんを食べていれば大丈夫!』的な発想で日々を過ごす、なんとも心もとない日記。

久しぶりにファッション雑誌を見た。あんまり「自分」に向かって行かない方が、人生は楽な気がするが??

久しぶりに、美容室へ行けた。

仕事を休まないと、行けないんだよねぇ。
よって夏休みの初日は、髪を切ることからスタート!
 
合わせて久々に、ファッション雑誌を見た。
 
服のコーデやメイク・スキンケアメソッドなどがベースなわけだが。
モデルが表現する、素敵な「ペルソナ(人物像)」がくすぐったい。
概ね、ずいぶん「¥」がかかるペルソナだよね、笑。
 
 
まあ、それはよいが。
雑誌内にある読者の「お悩みコーナー」をみると、雑誌が提案している「ペルソナ」が見事に刷り込まれている気がした。
もちろん、こういうのが「素敵」って思うヒトが読む雑誌だからなんだけど。
 
こんなワタシ、ワタシってこんな。
あこがれのペルソナにはまっていない、私。
あこがれのペルソナのように「見せている」が、実はこんなに嫌なオンナがいる。
みたいな、お悩みだ。
 
「ペルソナ」とは、商品企画を行う際など、ターゲット顧客をよりリアルな人物像にして、その「ペルソナ」が購入してくれるような着眼で企画を行っていくことだが。
 
リアルな自分の「ペルソナ(人物像)」は、積み上げがいいと思う。
素敵な女性になりたい! 素敵ってどんなこと? 私は今どんな? 
というように、憧れの「ペルソナ」に向かっていこうとすると、自分をつくることになるし、時として分不相応になるし、王子様を待っちゃうようになるしねー、笑。
 
 
向かう目が、自分へ、自分へと内向的になるほど、出口のない悩みにはまりやすい。
若さや美しさに執着しすぎると、加齢が「喪失感」になるから、不自由。
 
自分に無頓着になること、見ためや周囲との比較に、必要以上に執着しないことこそが、自由への道!
 
何を着てるか、どう見えてるか。
よりも、何をしているか、どう考えているか。
 
そして、それが個々に尊重されること。
そういうことが「価値」であるような、成熟した、自由な文化になるといいな。
 
王子さまもこないからね。
自分から見つけに行くか、となりにいる王子さまに気づくかだ。
 
「自分」という呪縛から離れて、自由を手に入れよう!
ãèªç± ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 
 

すっごいありえないけど。会社に行くと仕事ができないので、休みを取って仕事した。最悪。

くそーーー。

あれだけミーティングの時間を削減し、時間をタイトに引き締めてきたのに。
 
来年1年間の予算を詰めなければならない、今週。
 
残業しても、しなければならない作業や対処で終わってしまうという、苛立ちの日々。
夏休み前でもあるしね。
 
こんなんじゃ、一生予算を完結できないぞ。
会社に行けば、なんやかんやで腰を据えて取りかかれるのは、定時以降だ。
 
残業はほんと、やなんだよねー。いると仕事が増えるし、おしゃべりも増える。
目下、私の最優先事項は、息子の食事づくりなんだってば。
 
ということで、いったんカタチにしてしまいたい私は、あろうことか、休むことにしたのだ。
台風がくる、というのも背中を押した。
帰宅命令がでるからだ。
そんなことになったら、私は、終わる。
 
さて。
集中して仕事をするときは、まず、多めに「お粥」をつくる。
がっつり食べると眠くなったり、集中力がきれるので、時間ではなく、空腹を感じたら胃袋を軽く満たせるように、だ。
 
今回は、玉ねぎ1個分をみじん切りにして、鶏ガラスープで。
天然の甘さで血糖値もあげられる。
玉ねぎって、ほんとーに甘いんだよね。
だから、普段は長ネギ使いが多いのだが。
 
予算以外の件のフォロー2時間分を合わせて、正味14時間。
予算には12時間。
 
危ないじゃないか。
どっかで年甲斐なく、完徹(完全徹夜)しなければならないハメだったよ。
 
おかげで、早々に上長確認を入れ、これからブラッシュアップだ。
とりあえずカタチになっていれば、あとはなんとかなる。
 
いやーーー。それにしても。
ラソンをやっててよかった。
 
時々、気分転換に家事を挟みながら、ぶっ通し。集中力きらさずやりきれちゃったもんねー!
 
このような忍耐力は、マラソンの賜物だね!!
途中でギアチェンジできるんだよっ!
今までの時間をなかったことにして、また、新たな気持ちで始められるの。
 
ねっ、マラソンは、人生にいいこといっぱい♪♪♪
ããã©ã½ã³ ã´ã¼ã« ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

酷な人事異動。職種はその人の仕事価値観を固定する。歳をとったら早々変われないからさ。

とても近しいお隣の課に、部署移動してきたスタッフがいる。日々トラブルに苛まれ、見ていても気の毒しごく。

 
我々は企画をし、関連部門に指示をだし、企画遂行のためのオペレーションの調整をしていく。
各部門、感覚が異なるから。それなりの「強さ」を持って指示を出さなければ、みんな自分に都合が良いようにとらえるので、トラブルがおこる。
 
また、川上の部署なので。グズグズせず、上司の承認をさっさと得て、関連部署を動かし始めなければならない。
上司には、「こいつはうるさくて面倒だから、早く承認しておこう」。くらいに思わせないと、承認が後回しにされる。
 
「まだ承認がとれません」なんてグスグスしていたら、川下の部署が被害を被る。
「仕事は気遣い」だ。ほかのヒトが絡むところから、片づけていく。
これで信頼関係と、いざという時、助けてもらえる関係性をつくる。
 
要は、いいヒトになってはいられないのだ。
気遣って曖昧な言い方をすれば、捉え違いがおこるし。言われるがままに対応すれば、全てこちらがやるように捉えられ、こちらが回らなくなる。
回らないと不備がでるから、結局、誰のためにもならない。
断ることも、結果的に、皆のためなのだ。
 
まんまとこれにハマっているのが、IT部門から来た、彼女。
 
IT時代、彼女はいつも気持ちよく、速やかに依頼に対応してくれ、「ありがとう」だった。
 
いいヒトなのだ。
 
気の毒だ。
私より年上だからね。今さら、価値観の更新は難しいだろう。
 
マーケティング関連の仕事をしていれば、多少なりとも「攻め」体質だから、気が強いヒトも多く。チキショーって頑張れたりもするかと思うのだが。
 
ITは基本、守りだからね。
もちろん、こういう仕事に向いているヒトはいるだろう。
そういうケースの、適材適所の移動なら良いのだが。
 
ああ。かなり気の毒だ。
 
みんなわかっているのだが、実害が深刻になってきたため、あちこちからクレームが上がり始めている。
 
彼女が憔悴せず乗り切れることを、お隣の部署からささやかに、祈りたいと思う。
あるいは、もとに戻れることを、ね。
彼女の希望次第なのだが…。
 
ああ、我が息子。
我が諸々の反省と、現役で働くからこそ感じる、これからの仕事人物像として。
 
就ける仕事に就いては駄目だ。
自分の特性を考え、強化し、その仕事のヒトとして、会社に雇われるのではなく、会社に貢献する気持ちで。他からも「欲しい」と思ってもらえるヒト。誤解されて「欲しい」と言われたら(今回の彼女のように)、きっぱり断れるくらい、自分をわかっているヒト。断れるくらいのパフォーマンスを上げているヒト。
 
ああ、こういうヒトが生き残れる感じかな、笑。
 
ただね、日本って、新卒で入社してなんぼなんだよね。
世界で女性の議員が少ない、役職が少ない、医大は男性に加点されるなど、なんか「不自由」なんだよなぁ。
 
息子はアメリカの大学でバスケットボールをするのが目標なわけだが。
それはともかく?! 笑、外の世界は見た方がいいな、と思っている。
 
私もついていきたいよ。
学費、がんばろーーー、笑。
 
ãä»äº ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 


 

 

 

@職場 我らが「天敵」の体型は、いずこへ♪

会社とともにスタッフが歳を重ねている。

一緒に歳をとっていっているので、みんなすっかりいい歳の中高年になっている。
 
私が今まで感じてきた通り(女性の体型は27歳前後、45歳前後あたりの変化が大きい)45歳を超えるスタッフが増えてきて、その体型に変化が明らかになってきた。
 
いちばん印象的なのは、出世したがり、周囲をかえりみずフライングして自己アピールするが、スケジュール管理はズルズル、いつまでたってもコスト調整ができない、それでも商品企画部の実務トップに成り上がったため、部下たちもみんなそんなになってしまい、ほとほと困っている、我が部署の天敵(オンナ)の、「オジサン化」だ。
(長くてスミマセン)。
 
腹は昔から出ており、タイトスカートをはいた時や、タイトなワンピースを着た時といったら。
 
周囲は目を合わせ、大真面目に「おめでたか?」とささやき合うほどだ。
あんなに腹がでていたら、ああいう服は着ないよね、って感じなんだけど。着ちゃうんだから、さすがだ。
 
脚は綺麗だから、腹さえ目立たせなければ、背も高く、美人だし、写真映えもする。
 
と、思っていたのだが。
最近、太ってきたようで。
 
もともと体格がいいから、肩あたりが男らしくなり、しかも、なんで??
 
髪型をショートカットなんかにしたものだから、すっかり「オジサン」になった感じ。
あ、もともと、その言動から「オバチャン」と揶揄されていたから、今回「オジサン」になったワケだけど。
 
仕事に関わらなければもちろん、なんの害もない。
あーーー。でも、仕事でなくてもママ友、ご近所など近い距離では付き合いたくはないかな。
 
我が部署の別の子は「サイコパスだ」と恐れている。
 
「えっ????」 ってことをするのだ。何ごともなかったように話が擦り変わることも多々。
悪気があってやっているのかどうかも、わからない。
 
意識してやっているのなら、かなりムカツクヤロー(オンナです)だが。無意識なんじゃないか、と思うことも多い。
そとづらは、人当たりが柔らかく「いいヒト」オーラ。
 
得体が知れないので、ニンゲンツーではない「凡人」の我々からしたら、不気味きわまりない。部下にはかなり酷いことを言ったりしたりしているらしい。
 
仕事で濃厚に関わらざるを得ない我々の部署は、もうみんなうんざりだ。
 
我々は被害を被るたび、「愛されない理由」というリストに、彼女の行為を加えている。
 
といったところで、彼女の方が「勝ち組」だよね。と、我々凡人族は「分」をわきまえている、笑。かなわないよね、と。笑笑。
 
さて。彼女は私より2〜3歳若いから、まさに体型のターニングポイントだ。
 
どうなるかなーーー。
引き返すかなぁ? そのまま行っちゃうかなーーー??
 
あの腹の出方は、けっこうなグルメなはずだからねぇ。「おかえりなさい」できるかなーーー♪
 
ちなみに我が部署では、「おかえりなさいキャンペーン」で、あっちに行っちゃわないように、ワークアウトを推奨。
ワークアウトなしに、40台以降の恐るべし代謝の低下は乗り切れない。
 
ちょっと意地悪を込めて、経過が楽しみだ♪
けっこう恨みつらみ、あるからねっ。
 
ヒトの恨みは買わないもんだね。
といいつつ。私もけっこうケンカ売るから、お互いさまなんだよね‥どうしよう、なんか願掛けられたりしてたら‥
 
謙虚にいこう。本日も、反省。
 
↓↓↓「おかりなさいキャンペーン」実施中!

f:id:TheHfamily:20180806193625p:plain

酷暑だけど。それでも、夏走る方がいいかなー。

ラソンは長期で練習を積むので。レースのタイミングがいつであれ、走り込みの時期がどうやっても夏か、冬か、どちらかにあたる。

 
最初の年は冬だった。次は夏(この年は時間が取れず、物理的に夏、走り込めなかった。坂道ダッシュはいっぱいやったけど)。
 
今年の走り込みも、夏。走るぞー!と思いきや、この酷暑。
しかもやっぱりジリジリ時間が取れなくなってきてるんだけど、今年は諦めない!
 
さて。さすがに今年は、太陽のもとでは走らない。
熱中症に細心の注意を払い、会社から走って帰る、夜の「帰宅ラン」が中心。
 
ほんとーに、体力奪われる感が、凄いのよ。
しかし。夏のランはキツくても「修行」とは思わないんだよね。「トレーニング」って感じ。
おかげさまで、日中の暑さに耐性ができたのも、収穫。 

www.dreams-hack.com

 

一方、薄曇りでさむーーーい冬のロングランは、「ザ★修行」。今でも、粘膜に染み入ってくる冷たい空気を想像するに、我ながら、よくやった!  グレーの空を見上げて、勇気をもって走りに出ていくあの経験は、大きな自信につながっているけどね。

あんなにがんばったのは、人生、初めてだ。
 
さて、夏・冬の走り込み、どっちを選ぶ? と言われたら。
 
「夏」かなーーー。
冬はメンタルがしんどい。やっぱり、「修行」なんだよなーーー。
夏は解放感が、気持ちの明るさを保たせてくれる。空が高いしね。
冬の雨は「とどめ」だけど、夏の雨は「恵み」だしね、笑。
 
きっと、そもそもカラダが夏は動的仕様で、冬は静的仕様なのだよ。 
 
いやいや、今年もきっちり走りこんだら、「冬がいい」ってなるかもね。
 
改めて。
人さまにご迷惑をかけないように、熱中症にだけは細心の注意を払い、がんばってみよう!

f:id:TheHfamily:20180805092415p:plain

 

男女。お互いに増えたなーと思う場所に、「自由」を想う。

ジム。

巷でも話題だが、私も含め、筋トレ女子(私は女子じゃないが)が増えた実感、大。3年前じゃ、少なくとも「フリーウェイトエリア」に、女子はほとんどいなかったもんね。
今や、デカいバーベルを上げる女性(女性は、女子より上のオトナね)も、しばしば。
私はダンベル派ね。
 
もう一つは、スーパーマーケットの男子。
食材を買い求めている男子が増えた実感も、大。
ジムの「フリーウエイト」エリアに該当するのが、「野菜売場」ね、笑。
やっぱりね、ちょっと前まで、野菜を吟味する男子はあんまり見なかったよ。
 
「カルディ(輸入食材など扱っている食材の楽しいショップ)」でも、明らかにメンズが増えたが、こちらはいかにも料理しそうなオシャレ男子というか、男性(男子より上のオトナね)の印象かな。
 
ついでに言うと、保育園・幼稚園の送り迎えも、圧倒的に男子が増えた。
 
こうして、ヒトは中性化していくのね(^.^)
あ、これは役割分担の話だから、いいこと、いいこと。
 
ところで、男女の行き着く先は、どこなのだろう?
役割以外も、さまざま、中性化している気がする。
女性はマッチョになるし、男性は線が細くなるし。
いまや、男子のおしゃべりのサマは、ほぼ女子だもんね?
アイドルの可愛い男子たちは、可愛い女子にしか、みえない。私には。
(これは、歳のせい?)
 
余談だが、今朝、俳優の三浦祥平さんがインタビューを受けていた。
記者が、「(新妻の)桐谷美鈴さんは尽くしてくれていますか?」と何度も問いかけている。
 
むっちゃ、違和感。
その質問、先祖がえりじゃねーの? どの時代の生き物のセリフだっつーの。
同じように仕事しているのに、尽くすのはオンナの仕事ってか?
馬鹿を言うでない。
尽くすのが、愛ではない。
 
日本の「オジサン」たちは、ロマンチックで困るよ。
それが女性の足かせになってるんだっつーの。
自立しろ!
 
私は「自由」をこよなく愛するから、中性化、万歳。大歓迎!
男女とも中性化し、基本スペックとして自分のことは自分でできる、する。行為に縛られず、自由なメンタルで「個」がたち、互いを尊重し、地球の一部の生物として謙虚に生きていくのがいいな、と想っている。
 
もちろん、働く男子or女子、家のことをする男子or女子の組み合わせは、あって当然。
得意分野の役割分担ができれば、いいんだもん。
私には、尊敬するスーパー主婦もいっぱいいる。
 
ただ、その役割が男子だ、女子だというのは、ナンセンスだ。
 
国は人が集まった結果であるべきで、国ありきではないと思っているし。
自民党杉田議員の「LGBT」発言なんて、ほーーーーんと、ナンセンスだよね。
しかも、ザンネン。
馬鹿なこといってんじゃねーよ、「オジサン」! と言いたいところ。
今回、発言がオンナだからねー。馬鹿たれ。 
 
私が使う「オジサン」は、いわゆるセクハラ問題がまったく理解できないような種族。全能感で戦争を起こしてしまうような種族ね。
「性」じゃない。ヒトの種類のことを言っている。
 
気がつけば、他の生物たちは多彩な進化をとげている。
オスなし。他の助けもなし。
たった1匹のメスが、自らクローンをつくって増殖し続けている「ミステリークレイフィッシュ」のニュース、私は震え上がったよ。 
 

ニンゲンは、ニンゲンの立場を中心に環境を変化させているが。

生物としての進化は、むしろ環境を変えられてしまった、末端で起こっている。

侮ってはいけない。

環境を変えられた生物たちは、次第次第に、強くなっている。

www.dreams-hack.com

  

ヒトとして謙虚に、謙虚に、って思っているのだが。

どうも、自己認定「更年期」。(家族からはとっくに認定済み。)

相変わらず日々、いろいろと悪態をついている。

 

もう既に47歳だけど。

残りの人生、精いっぱい、器を大きくできたらな、と思っている…。

ãããªã¼ã¦ã§ã¤ããåçãããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

 

 

走るだけじゃ痩せない? 筋トレだけでも痩せないけどね、笑。

酷暑が続いているが。

12月にフルマラソンを控えた私は、あと4ヶ月。走り込み時期の真っ只中。とにかく、距離を積みたいのだが。

 
うううー。
暑さもともかく。仕事が今、忙しい!  
大きな仕事の締め切りをクリアしないと、とてもじゃないが帰宅ラン(自宅まで走って帰る、アップダウンが激しい20km。貴重な負荷&ロングランだ。)なんて、ひんしゅく甚だしい。。。
 
 
さてさて、本題。
ちまたで、走るだけじゃ痩せない、と言われつつある。
カロリーに換算すると、こんなに走らなければいけない! っていう論理。
※体重1kgおとすためには、7000Kcalの消費が必要。ランニング10kmの消費カロリーは600Kcal程度だから、120Km近く走らなければならない、って理屈ね。
 
以下、体感も含めた所感。
カロリーで考えるより、距離(時間)で考えた方が良いように思う。
10kmくらいまでは長距離ではなく、中距離かなー。
脂肪を燃やすというより、糖を使って走りきっちゃう感じ
 
プロフェッショナル・ランニングコーチ「金哲彦」さんの、その書籍の中でも記載があるが、脂肪が圧倒的に燃え始めるのは、1時間以降。
私はランニングの際、10km1時間くらいで走るので、体感でも、まさに、そう。 
金哲彦のランニング・メソッド

金哲彦のランニング・メソッド

 

 

夏前から距離を伸ばして走り始め、何をしていなくても、体重が落ちてきている。
カラダがね、常にポッポしている感じになるだよね。
燃焼スイッチが入った感じ。
 
つまり、カロリー消費の概念はさておき。1時間以上走ってからの燃焼効率は高く、燃焼効果を求めるなら1時間以上走ると、効果があるよ。っていうことかな。
ゆっくり、長く走れば、1時間以上も苦ではないよ。
スピードは、あとから上げられるので、まずはゆっくり、気持ちよいペースで走るのがおすすめ。
  
一方、やっぱりスタイルづくり、馬力、怪我予防、燃焼力のベースづくりは「筋トレ」に、その効用を譲りたい。
 
→筋力をアップしていると、走らないときの「ぽっぽ」するチカラがアップする。
→けが防止に効果大。特に膝周りの筋肉は膝を守るチカラを大幅アップ
走力を支えるのは腹筋と、臀筋(おしり)。鍛えるだけではなく、鍛えた筋肉を使えるようにするトレーニングも大事。
→筋トレの中には、柔軟性ケアも含むよ。柔軟性がないと、かえってケガのもと。プチっとかね。脚はもちろん、股関節まわりの柔軟性もとても大事。
 
使える筋肉づくりを、めざしたい!
 
あと走るなら、絶対にふだんからの姿勢を意識すべき。
同じ繰り返しの動作をするから、日常生活の3倍速で負担がかかると考えると、わかりやすい。痛みや違和感が出てきたら、修正しながら姿勢を整えると、日常生活も楽になる! 

www.dreams-hack.com

 

まずは、楽しむこと、怪我をしないことを優先させたいよね。

 メンタルリフレッシュと燃焼スイッチには、長距離のラン! 
 
実際走り始めると、カラダが軽い方が楽だから、軽さを保とうとする。カラダが軽いと動きたくなるから、「正」のスパイラル??
 
笑、やっぱりどれも手が抜けないなー。
 
ウエイトコントロールを考えると。
「筋トレ」と「長距離ラン」、両方やっていれば、それほど食事量にナーバスにならなくてもOK。どちらかなら、やっぱり食事量のコントロールで結果につなげる感じかな。
 
さてさて私は。とにかく、仕事をやっつけよ。
ãèµ°ã ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ